2007年03月02日

聖戦前夜☆

明日からは久しぶりの雪山プチ籠り合宿。
気分が高ぶり、全身をアドレナリンが包みますっ

この雪のないシーズン、もしかしてラストラン?

そんなのイヤだと思いつつも、どうにもならない自然の驚異。
ファッキン地球温暖化。
守っていこうよ、偉大なる星をっ!!

まぁ愚痴っても仕方ないので気分を切り替え雪山戦闘モードにっ
キッカー祭だっ♪
楽しみだっ♪


無理なく無駄なくスタイリッシュに翔んでくるぞっ♪

唯一の不安はこの寝違えた首の痛みか…

いや、言い訳ぢゃないよ、翔べなかったときの…


posted by Andy★ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SNOW Bds. Monkeys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

尾瀬戸倉☆グラトリFS360

070303_0821~01.jpg
3日(土)は早朝から地元スノボジャンキーズと雪山へ出発。
満月を雲が微かに覆い、オイラはイマイチ調子の上がらないまま…

たまにある、こういう気分の乗らない日。
体調が悪い訳でも、機嫌が悪い訳でも、ましてや飲みすぎて気持ちが悪い訳でもない。
ただ、気分が乗らない…
こういう日は何をしてもダメ。
わかってはいるけど、雪山への想いは止められない。

快晴の中、戸倉に到着。
さっそくフリーランで軽く流しつつ調整。
やっぱ気分は乗らない…

10時を少しまわったくらいで1番小さなキッカーからエントリー。
数本流して次に大きいキッカーへ。
するとすぐに回し始めるジャンキーズ。
これはくやしい。

昼飯をはさんでグラトリFS360を練習。
これが回せればキッカーでも回せる…
そんな根拠のない確信とともに。

なかなか回らず苦しみながらも、ふとリフトに乗ってる瞬間にイメージが沸く。
人間イメージできないことはできないもの。
逆に言えばイメージが重なればきっと出来るハズ。
そう信じてさらに360を回してみる。

ん? できた?

一応回ってる?

まぁ不格好ながらも始めの一歩をつかんだ感じ。
さらに何本か流して360の雰囲気をつかむ。
フェイキーからのFS360ほどキレイには決まらないけど、まぁこんなもんか、と。

ここで最初のキッカーに戻り、エアの360を練習。

一本目…こぇえ〜
全くまわらずに普通に抜ける。
二本目…やはり人間イメージできないことはできない、なんとなく180のイメージが出来たのでそっちに挑戦。

回っ…た?

でも翔べたとは言えないくらい不格好…

まぁ一応の手応えをつかみ、そこからはハイクアップ大作戦。

登る、翔ぶ、イマイチ

登る、翔ぶ、ダメ

登る、翔ぶ、いい感じ

登る、翔ぶ、イマイチ

散々繰り返し、数本何とか翔べ、調子に乗ったトコロで背中打ち…

心折られて終了…

本日の収穫はグラトリFS360。
気分乗らないのでケガする前に早めの撤収。

ところが事件はことあと起こるのです…

【続く】
posted by Andy★ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | SNOW Bds. Monkeys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

尾瀬戸倉☆ビンディングを探せっ

070305_1032~01.jpg
さて、四時頃に終了した3日(土)のスノボ、コンビニに走り着替える。
(戸倉の駐車場が泥だらけだったから)

ところが着替をすませ、板の雪を落としている最中に事件は起こった。

板の雪を払い、左のビンに付いた雪を落とし、右のビンの雪をはたいて、水気を取るため板を軽く振った。

と…

ぼとっ

何かが落ちた。



初めは雪の塊ぐらいに思っていたケド、そうではなかった。

右のトゥストラップがもげ落ちている…

これにはびっくり…

まぁシーズン3回目ってことで限界はきてたんでしょうけど…

思わず笑ってしまった。

それからが大変。
やっぱり明日も滑りたいワケだから、ビンディングを求めて沼田まで走ってもらうことに。

もともとビンは来シーズンには買い替えるつもりではいたから構わないんだけど、何しろ店がない…

行けども行けどもレンタルばかり。
コンビニのおばちゃんの「沼田に行けばSHOPがある」の言葉を信じて必死の逃避行…

ようやくインター付近でこじゃれたSHOPを発見っ!!
入ってみればやっぱレンタルSHOP…

「ビンディング売ってないですか?」
の問掛けに、

「あぁ、中古ならありますよっ」
と、店員さん。

で、奥から取り出されたビンは…微妙。
半額とうたわれても買う気になれず、一応最後の抵抗をしてみる。

「このあたりにボードSHOPってないんですか?」

すると店員さん、軽い感じでおっしゃった。
「あぁ〜先月で潰れたんですよね〜」

ガーン…

結局新しいビンは手に入らず…
泣く泣く宿に引き返しましたとさ。

さぁ明日はいよいよトゥストラップ無しで勝負ですっ


可能性の話ですが、あと一本キッカー翔んでたら、着地でビンが壊れてケガしてたかもしれないワケで…
やっぱ気分の乗らないときってのは何か起こるものです…

安全第一ですね…
posted by Andy★ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SNOW Bds. Monkeys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

尾瀬戸倉☆フリーラン(ただしトゥストラップ無し)

070303_0822~01.jpg
四日(日)。

トゥストラップの無いオイラはすでにやる気もない…
でも地元ボードジャンキーズの団長には容赦が無い。

朝っぱらからボディプレスで起こされ、寝惚けたまま朝御飯詰め込まれ、雪山へ出動。

軍隊か…

とりあえずトゥストラップのないままフリーランを流してみる。
やっぱ違和感ありまくり…

滑れなくはないけど、レギュラーで後ろ足がグネグネ…

スピードにも乗らないし、カービングもままならない…

ダメだこりゃ〜

数本流してさっさと食堂へ…

ぼーっとしてみる。

その後二本くらい流して強引にグラトリで360、180を試すがやっぱ微妙…

まぁこんな日もあるかと、早々に終了。

右足だけ異常な筋肉痛になったりで、やっぱ不完全装備は危険だと痛感。

今シーズンはあと何回行けるのかなぁ…

でも日本海側では今夜雪の予報。
まだまだ冬は終わらない?

ビンとメットとプロテクターでも買って今週末とオフトレに備えるかな♪
posted by Andy★ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SNOW Bds. Monkeys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

二ヶ月振りの波乗り☆

070307_1110~01.jpg
七日(水)は朝から波乗りへ
実に二ヶ月振り、年明けからは二回目の波乗り。
いゃあ、雪山に心奪われすぎたかな…

とにかく今日の目的はバリ・ロンボクトリップを目前に控えてのリハビリサーフィン。

こーへぃさんに拾ってもらい片●からポイントチェックしつつ、南へ下る。
●宮で波乗り仲間タカさんと合流。
これ以上南に下ってもイマイチだと言うことで、結局作●まで戻っての入水。

途中グローブを忘れたことに気付き苦悩…
みんなグローブ装着で入るなか、意を決してひとりノーグローブでの入水を決行!!
始めこそ悶絶ながら、後半には慣れて特に問題はなし。
まぁ寒いんだけど…

んで波はと言えば、サイズは腰〜腹。
ボヨボヨのよれ波でパワーもなく、イマイチ乗りにくい。
それ以上に衰えたパドル筋が悲鳴を上げ、追い付けるハズの波に追い付けない…
かなりのショック…

しばらくガンバり、その後片●に移動。
こっちはサイズ腰〜腹、セット胸くらい。
人も少なく、面もキレイだし、なかなか乗りやすいっ
初めからこっちにするべきだったかな…

まぁなんだかんだで波乗り仕様の体に調整しないとバリの波乗りがマジで不安。
せっかくの南国、イイ波、満喫するためにも筋トレの開始を決意した水曜でした…
posted by Andy★ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

武尊牧場☆ワンメイクオープン360&オマケの180

070310_0646~02.jpg
10日(土)、この日はやる気に満ちていた。
先週のダメダメを吹き飛ばす意味でも、新しいビンの為にも、引くわけにはいかない。
装着したプロテクターが心と体を守っていた。

始めはフリーランで体を暖め、ビンの調子を見る。
その後小さいキッカーからエントリー。
体を慣らしつつサイズを上げていく。
さすがに最大サイズのキッカーには近寄らなかったケド…

んでストレートを飛び尽したところで、いよいよ回しに入る。
実はこの日は絶対ワンメイクで360を回してやろうと心に決めていた。

さっそくMASTERジャックの一言アドバイスをもらい、一番小さいキッカーにエントリー。

翔んだっ!

ん? 回らな…

ドンっ!

90くらい回したまま平落ち…

ぐはっ!


普段ならこれで心が折れてもおかしくない…
だがこの日のオイラは違ったっ
何しろ心と体をプロテクターが守っている。
多少の事では音をあげない。
直ぐに下のキッカーにエントリーして、再度MASTERジャックのアドハイスを仰ぐ。

ライン取りからジャックナイフの過重、先行動作で無理なく回す…

と、オイラの頭にイメージが沸くっ

アプローチを見ると、ラインが光って見えるっ!!

シャイニングロードっ!!

迷うヒマなく、その思い描くラインとイメージに向けて板を滑らせるっ
グッと右に板を流し、リップに向けてジャックナイフっ
抜ける瞬間体を開くと…

ズバッ

くるっ♪

ザシュッ!!


おおっ 回った!!

ワンメイク360!!

実際は着地がイマイチで300くらいだったケド…

しかしMASTERジャックからお誉めの言葉を頂き、オイラは有頂天。

この日一回目の最高の瞬間でした。


昼を挟んで午後はオイラひたすらワンメイク360を翔びまくるっ!!

が、体の抜けや回転は掴みつつあるなか、着地が上手くいかない。
300か、270くらいしか回りきれてないのだ…

苦悩しつつも

翔び回るっ

着地が上手くいかない
翔び回るっ

やっぱダメ…

の繰り返し…

次第に練習してた小さいキッカーのリップもボロボロになってきたし、サイズ上げたキッカーでも回せずテーブル落ちをくらい悶絶…

さすがに心が折れ始める…

ところが奇跡は二度起きたっ

練習キッカーに戻り、気合いを入れ直して再度ワンメイク360に挑戦っ!!

ラインからジャックナイフで…

あっ ダメだっ

回らないっ!!


ザシュッ!!

ん?

ビタ着?

もしや今のは180ってヤツですか…?


下のキッカーで試してみる。

ザシュッ!!

おぉ、オープンの180
キタ――――――――――――(≧∇≦)ノ "

これはまさに360の副産物っ
嬉しい誤算っ
棚からぼたもちっ
人生万事サイオウが馬っ

そんなワケで180と360の手応えをつかんだところで早めの終了…?

いやいや、二度あることはなんとやら、このあと三度目の奇跡が訪れるっ!!

最後は軽く流して調整しようという話になり、MASTERジャックと板を交換して滑ってみる。

と、MASTERジャック、
「このスタンス広すぎない?」

ってことでビンを外してみると…

なんてこったっ!!

オイラのスタンス推奨幅より広すぎた…

センターに戻してみると…

滑りが変わったっ!!

なんての?
板が自分の体の一部な感じ♪

グラトリの180がレギュラー、スイッチを問わずFSでもBSでも回る…

グラトリの360も軽い…
てか、技のイメージがしやすくなったよね、板が動くから…

スタンスのわずか4cmの差がこうも違いを産み出すなんて…

なんてこったっ!!
無知は罪なり。

ようやく自分の勉強不足を痛感。

スノボ帰りにさっそく板はメンテへ。
ワックスもちゃんとする覚悟を決め、次への戦いに備えてしばしの休養。

次は奥只見かカムイか?

楽しみです☆

まだまだ冬は終わらない…
posted by Andy★ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SNOW Bds. Monkeys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

バリ・ロンボク波乗り豪遊記T

070317_0738~02.jpg
3月16日(金)

早朝に波乗り仲間が迎えに来て成田空港へ出発。
途中二人が合流し、野郎四人のドキドキ、ワクワクなバリ・ロンボクサーフトリップがスタートっ

よくもこの年度末のクソ忙しいときに、そろいもそろって休みが取れたもんだとお互いを讃えつつ、車内からテンションマックス。

フライト中も機内サービスのビールを浴びる程飲みまくり―実際オイラは缶を倒して浴びたワケだが―3席後ろのオッサンにウルサイと注意される始末…
みんなもういい大人なのにね…

着いたバリはデンパサール空港。
降り立った瞬間からムッとした南国特有の空気がオイラ達を包む。
バリと日本の時差は一時間。
到着時刻は四時くらい。
フライト疲れもなんのその、ホテルに荷物を投げ込むと、さっそくバリの夜に繰り出してみる。
夕焼けに包まれながらさっそくナシゴレンとビンタン―インドネシアのビールの名前―をむさぼり、流し込む。

人で賑わうバリの街をいろいろ楽しみ、テロのあったディスコ跡を見て、さらにビンタンを飲みまくり、この日は午前2時くらいで終了。
泥のように眠り込み、朝五時起きで、ロンボク行きのフライトに備える。


3月17日(土)

朝五時から飛行場に駆け込む。
フライトギリギリで何とか乗り込み、空路ロンボク島へは20分の旅。
仮眠を取る間もなく到着。

寝不足の疲労もなんのその、荷物を置いて即サーフィンに出発。
ガイドのジョン(20)は地元ロンボクのローカルサーファーで日本語もなかなかのもの。

ホテルから車で15分走ったあと、船でポイントに向かう。
海の水は温水並に暖かく、灼熱の日射しが真上から降り注ぐ。

着いた場所はキレイなウネリがゆっくり押し寄せるポイントブレイク。
厚めの波ながらサイズ肩〜頭でキレイにレギュラーに割れていく。

鈍った体にムチ打ちつつ、ガンガン乗りまくる。

この波、乗りやすい。

これまでなかったくらいに板が動くしアップスもスムーズ。
フィンが波を切り、スプレーの上がる音を後方に聞きながら、かなりの長さを乗り、キレイにプルアウト。
自分至上最高のライディングでしょう、ってライディングがバンバン決まる。
調子いいなぁ
日本の波もいつもこんなだったらいいのになぁ
なんて思いつつ、初日の波乗り終了。

夕飯はナシゴレンやら魚の丸焼きやらテーブルに乗り切らないくらいの皿とビンタンで、ご満悦。
明日の波乗りに備えて早目の就寝。

まだまだ夏は終わらない。

【続く】
posted by Andy★ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF TRIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

バリ・ロンボク波乗り豪遊記U

3月18日(日)

午前1ラウンド目

昨日の疲れを若干引きずりながらも、爽やかな目覚め…という訳には行かない。
夜明け前からシクシク痛む下腹、日の出と共に駆け込むトイレ。
仲間が全員同時に襲われた南国の洗礼。
これはまさに同時多発テロ、全員の腹が爆発炎上で緊急胴体着陸敢行!!
しばしトイレ待ちのローテーションが続く…
誰しもがローテンションなのは言うまでもなく…

朝食の後、日本の権威、正露丸を服用。ウソみたいに腹痛が治まる。
やっぱ日本の医学はすごいといまさらながらに痛感。

この日は前日とは違うポイントへ。
山を越え、やはり船でポイントに向かう。
ここのポイントに関してはパドルアウトできないワケではないけれど、何しろブレイクが遠い。
遥か彼方でキレイに割れる波はオイラ達の波乗り熱を高める。
船が波を切り、風を感じ、テンションは最高。気分は上々。
ところが、次第にブレイクが近づくにつれ、オイラ達は言葉を失う。

デカイ…

岸からでは遠すぎてイマイチ実感がなかったけれど、近づいて初めて分かるそのデカさ。

軽く頭半。
セットはダブル近くまであるんじゃないかな…

ガイドのジョン(20)が嬉しそうに説明する。
このポイントは現地の言葉で「水の洗濯機」と呼ばれていると…

う〜ん、洗濯機… 全く洗われたくないんですけど…

まぁ、ここで引き返したら「チキン」の汚名は一生ものだろうな、と仲間の誰しもが思ったに違いない。
意を決して板を海に放り込むと、頭から勢い良く飛び込む。
さらにパドルでブレイクに近づく。

やっぱデカイ…全員を緊張感が包む。

しばし様子を見つつ、うねりに合わせてパドルをしてみる。
と、背中に迫る波が一気にオイラを持ち上げるっ!!

うはぁ

声にこそ出さなかったケド、ちょっとチビッたよね…
あまりの巻上げの高さに。
海パンでよかった…
そういえばピークから逆にパドルをしたのは初めてだ…

しばらく膠着状態が続くなか、ついに仲間の一人がテイクオフっ!!
すさまじい音を立てて波が崩れるなか、乗っている!!

このテイクオフでオイラの波乗り魂もようやく点火。
次のうねりに狙いを定めてテイクオフ!!

が、ブレイクが早い!!

テイクオフした瞬間には目の前が崩れ、仕方なくオイラはボトムを縦に走る。
轟轟と音を立てて背中にブレイクと胸サイズはあるスープが迫る。
これじゃダメだ、と板から下りた、その瞬間―

巻かれる…

スープに巻かれる…

うそ〜 とか思いながらも、オイラの身体は海底に引き込まれ、その名の通り、洗濯機…

グルグルグルグル…

永遠と思うほど海中でもてあそばれる。

ああ、水がキレイだ…息できネェ…
なんて、あわやお花畑の見える寸前でようやく海面に顔を出せた。
うはぁ〜 空気って美味しいなぁ…

とか、思っていると、次のブレイクのスープが目の前に迫るっ!!
これを食らったらマジヤバイっ!!
と、決死のドルフィン、が、スープが厚い…
まんまと絡め取られ、バックドロップを食らったあとは本日2度目の洗濯機へ…

まぁ、これだけ初っ端に巻かれておけば、後は怖いものはない。
意地のパドルアウトで沖に出て、ようやくスタンバイ完了。
オイラの反撃が始まる。

迫り来るうねりに合わせ、パドルを開始、さっきの教訓―ブレイクが早いのでボトムまで降りてはダメ―を活かすべく、全力パドルからオイラ至上最速のテイクオフっ!!

サイズは頭半ちょい。

キレイなレギュラーブレイクに合わせ、ショルダーにレールをしっかりかませ、まず加速。
目の前のブレイクを寸前で抜け、後ろに轟轟と唸る波の音を聞く。
ショルダーの中間から上に向かい、リップに合わせて板を返す。
まぁ、言うほど上手くは当てられないが…バシャっ とスプレーの上がる音を聞き、ボトムへ向かう。
あまり前に走りすぎると厚くて波がなくなってしまう。
行っては返し、返しては走り―すげー気持ちいい!!

太陽と空と、海と波と、全てが一体となって感じる、表現のしようのない高揚感がオイラを包む。
一本の波を乗り切った満足感と充実感。そのスリルと楽しさに魅せられて、オイラは再び沖を目指してパドルを始める。

こんなデカクてイイ波、今後またいつ乗れるか分からない。
飽くなき波乗りへの欲望。腕が動かなくなるまで乗り続けようと思った。

一回タイミングが取れてからは、ブレイクにつかまることもなく、いい感じで乗れる。
ただ、毎回勇気を必要とするのだけれど…

めちゃくちゃ数乗ったワケではないけれど、自分としてはかなり大満足。
何本か、かなりイケテルってのもあったし♪

昼を過ぎてしばらくしたところで1ラウンド目は終了。
ホテルに戻り、ナシゴレンやら何やらかんやら、たらふく食べて、ビンタンを浴びて昼寝。
この日2ラウンド目のサンセットサーフに備えます。

【続く】

SANY0024.JPG
posted by Andy★ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF TRIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

バリ・ロンボク波乗り豪遊記V

3月18日(日)

午後2ラウンド目

たっぷり昼寝をしたあとは午後からの2ラウンド目に出発。
しかし仲間の一人は体調を崩したままダウン。

今回は全員がガイドのジョン(20)にサイズダウンを懇願し、またもや別のポイントへ。
いや、決してチキったワケではありません…
大事ですよ、ファンサーフ。

船で乗りつけたその場所はサイズ腹〜胸、セット肩頭でちょい厚のファインウェーブ。
レギュラーメインだけどピークからならグーフィーにも走れる最高のコンディション。
バックサイド好きなオイラにはたまらない。

午前中の勇気を振り絞ったテイクオフとは一変、波に追いつくのには全力パドルが必要だけど、乗ってしまえば自由自在。
テイクオフから駆け下りたボトムでじっくり力を貯め、崩れかけのリップ目掛けて板を返す。
相変わらず厚い波だから走り過ぎないように注意しつつ、小まめにカットバック(もどき)で板をつないでいく。
飛び散るスプレーの音に快感を感じながら心ゆくまで波に乗り倒す。


次第に日も沈み、空が燃えるような朱にそまる。

070320_1951~01.jpg

西の空が黄金色に輝き、東の空は山際から天頂にかけて濃紺から薄紫色のグラデーションに包まれ、海は夕日を映して今まで以上に美しく光輝く中でのサンセットサーフ。

この世の奇跡か、極楽か、あの光景を詳細に思い出せない自分の記憶力の曖昧さを悔やむばかり。

すっかり夜の帳が下りるまで波乗りを満喫したあとはお決まりの夕食豪遊コース。

牛やら魚介類やらが盛りだくさんの皿に加えてピザとパスタもてんこ盛り。
もちろんナシゴレンはお忘れなく。

腹も満たされ、心地よい疲労感が全身を覆って本日の波乗り終了。
いよいよこのバリ・ロンボクトリップも折り返し、明日から後半戦に入ります。

【続く】
posted by Andy★ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF TRIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

バリ・ロンボク波乗り豪遊記W

070317_0927~01.jpg
3月19日(月)

この日も朝から波乗り。
ポイントは初日と同じでサイズ胸〜肩の極厚レギュラーブレイク。
疲労がピークのオイラは最初はそこそこ乗るものの、後半は灼熱の太陽にぐったり…
船で休憩してみても船酔いになりかけウダウダ…

昼にはホテルに戻りナシゴレンとビンタンで豪遊して昼寝もそこそこに最後の夜ってことで街に繰り出す。

が、バリのニュピ祭前夜とかで店がまったく開いてない…
街まで一時間もかけて行ったのにっ
ヤケ食い。


3月20日(火)

日の出前からロンボク最後のサーフィンへ出発。
日の出を海の中で眺めつつ、二時間程波に乗る。
やっぱ厚目の胸〜肩レギュラーブレイク。
時間ギリギリまで楽しんで満足。
ガイドのジョン(20)にサヨナラを言ってバリに帰る。

バリでは日本への帰国便待ち合わせが6時間くらい。
自由行動でオイラは街に繰り出す。
ちょこちょこ土産を買ってサーフショップをのぞく。
と、日本では3月末発売予定のビラボン×レッチリのサーフショーツを発見っ!!
即購入☆
たぶん日本定価の四割引きくらい。
たぶんね…
まぁそんなこんなで散財バリの旅終了っ

帰りの飛行機はアサヒスーパードライ一本で爆睡。
大変満足な旅でした。

やっぱ南国はいいよね。
次はどこに行こうかなぁ〜
サーフショーツの使えるところがいいなぁ〜
posted by Andy★ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF TRIP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。