2008年03月02日

The source of energy 006 癒やしの海

080301_1256~0001.jpg

3月1日(土)

あっと言う間に3月になっていた。
ちょっと忙しく働いてる間に。
びっくりだね。

土曜日が突然休みになった。
ホント、気が抜けるくらい突然。

「あ〜この感じだと明日は休み取れるかなぁ」
とか、心の片隅で念じていて休みになった時は歓喜の嵐なんだけど(もちろん逆もある、絶望の嵐…)急に、昨日みたくいきなり無風地帯に入ったみたいに休みが降って湧いてくると意外と拍子抜けするわけ。

で、どうしようってトコから始まる。
まぁどんなルートを辿っても行き着く先は「海に行く」なんだけどね。

仲間に連絡してみたらみんな仕事やら雪山やらで久しぶりの単独飛行が決定。
波のサイズはなさそうだったけど、とにかく海に浸かりたい一心で朝起きた。
海はほぼ1ヶ月振り。
干からびちゃうよ、ホント。

んで、朝から渋滞にウンザリしながらも車を走らせた。
ポイントは一●に決定。
天気は快晴。
春を思わせる陽気。
風は強すぎないオフショア、面はキレイだし、波数はそんなに多くないけど形はきれい。
ちゃんとショルダー張ってるし、最高じゃない?
これであと2サイズくらい上がってくれたらね…
もしくはオイラの身長が四分の一くらいなら、ね。

サイズはヒザ〜もも。
極稀〜に腰。
ブレイクは超インサイド。

でもメゲないよ。
「ワルい波に乗れたらイイ波なんて簡単に乗れるんだっ」って何かの本に書いてあったもの。

なワケで心地よい天気に誘われて入水。
顔にかかる波飛沫が冷たくて気持ちイイ。
もう春だね。

人数的には少なかったんだけど、ポイントブレイクで最初は乗れない。
何しろこのスモールコンディション、ロング&ファンの天国なんだもの。

それでも粘ってこぼれた波をごっつぁんライド。
そしたらこれが思った以上に走るワケ。
もう帰ろうかと思った矢先だったから余計テンション上がっちゃった。

でもヤッパ浮力バリバリのロングと張り合うのは無謀っちゃ無謀。
仕方ないから堤防挟んで反対側に移動した。
何か負け犬みたいでカッコ悪いからロング達が沖に向かってパドルしてる間にこっそりね。
もちろん後ろは振り返らないぜっ

んで堤防反対側。
ややポヨついてんだけどまぁ遊べる。
ピークの数も多いからロングが走ったあとの波にありつける。
ヤッパ癒やされるなぁ海は。

んでぼちぼち上げようと車に戻ったら最初に入ってたポイントの人が減ってる。

「うはっ」
って言っちゃった、恥ずかしい独り言。

んでそのままも一回入ってキレイな波を堪能。
最高の休日。

完全に癒やされてリフレッシュ。
これで今日からの激務にも耐えられるってワケ。

夏まであと少しっ
がんばりますよ、いろいろとっ♪


posted by Andy★ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

The source of energy 007 相性

080306_0847~0001.jpg

3月6日(木)

アイツはいつも気まぐれ。
機嫌が良かったり、悪かったり、スネてたり、甘えてきたり。
あ、もちろん波の話ね。
彼じゃなくて波。
似て非なるもの?

この日は夕方出勤のフェニックスを拾って一●へ。
周辺も見て回ったけど良くなかったねぇ
何か風に潰されてんだか満ちすぎなのか、思ってたよりずっとサイズがない。

今日はけっこうイイだろうって朝からちょっと心ん中でニヤケてたから始末にワルいワケ。
これが初めっからワルいと思ってて海着いてあの波なら文句ないもんね。
まぁいわゆる「合コン集合前期待しすぎるな」理論ってやつ。

え?わかりにくい?

まぁ簡単に言うと人間ってのは先入観や偏見なしに生きてゆけないってコト。
悲しい生き物。

んで、まぁそのまま一番良さそうなブレイクを選んでエントリー。
イイ波はほぼポイントブレイクだから当然激戦区なワケですよ。
ヤだよ、もう、この期に及んで戦うのなんて。
戦場なんて仕事だけで充分って話。
オイラ休日の戦闘力はヤ●チャ以下なんだからさ。

でも常にベ●ータ並の戦闘力を誇るフェニックスはピークで激ウマな人達と競り合って巻かれて鼻血出してた。
興奮し過ぎだってば。

まぁそんなわけでヤムチャはこぼれた波でごっちゃんライド。
あ、伏せ字にし忘れた。
まぁいいけど。

んで何本か乗るんだけど、何かイマイチ、ねぇ。
ため息が出ちゃうくらいしょぼいライドなんですよ。
しかもため息が出るのはライティング中ね。
どうもしっくりこないワケです。

これなら前回のヒザ〜モモのがマシだって思った。
ちなみにこの日のサイズは腰〜腹。
セットでたまに胸近くもあったかな?

もうさ、サイズじゃないね、これは。
相性がワルいとしか思えないくらい波に嫌われている。
それでも波が良くなるコトを信じて頑張ったワケ。
自分を騙すのって罪深いよね。

そのうち地元波乗り仲間、ケリーがやってきた。
新しい板を試したかったみたい。
でも波見て「あんま良くな」いって呟いてた。
もう、せっかく自分を騙したばっかりだったのに、現実は残酷。

それでも入ってると次第に波が良くなってきた。
強がりじゃないよ、マジで。
途中からは風もなくなり、セットが入るとかなりイイ感じ。
もちろん相対的な判断ね。


調子も上がり始めて腹痛も収まり(そう、何か腹が痛かったんよね、ずっと)懸念してた波との相性も合ってきたっ

よし、いいぞっ

と思ってたらタイムアップ。
フェニックスが仕事の時間。

残念だけど仕方ないってコトで撤収準備。
恩は売っておかなきゃね。
自分が車持ってなかった時の恩を返さないけどね。

そんなワケで本日の波乗り終了。
そんでまた激務の荒波に戻るワケです。

あぁ癒やしが足りねぇ…
posted by Andy★ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

The source of energy 008 心を研ぎ澄ます

080314_0826~0001.jpg

3月14日(金)

いやぁ、春です。
春ってかもう夏じゃね?
そんなワケで夏男としてはテンションあがっちまうんです。

ようやく激務の出口が見え始めた木曜日。
気分がイイねっ
仕事を早めに切り上げ明日は海に行こうと意気揚々。
誰か行く仲間いるかなぁと獣戦士たちにメールをバラまいたケド皆さんお仕事みたい。
まぁ明日は一人でノンビリと…と思っていたら地元のケリーから電話。

「明日、オレも行くわ。風が強くなりそうだから早めに出発しようぜ」

ありゃりゃ、ノンビリ計画失敗。

んで朝6時にケリーを拾って一路海へ。
でも天気はイマイチ。
そして波はイマサン…

コレは良くないって言うか、ジャンクってヤツじゃね?
とりあえず北へ南へポイント探して走り回ったけど、どこもひどい…
諦めて最初のポイントで波観察。
でもあんまり参考にはなんないよね、三人くらいしか入ってないんだもん…
一人だけ乗れてた。

この波にはホントがっくり。
ウェットに着替えるのも面倒ならウェットを洗うのも面倒、究極的に車から出るのも面倒ってワケで茫然自失。
せっかくの休みにこれはなぁ…

でもこんなとき頼りになるのは仲間の存在。
ケリーが「行こうぜっ」って力強い一言を放てば勢い海に入るしかないっ
って助手席のケリーに目をやると…

寝てるーーーーー!!
( ̄口 ̄)


「どうします?」

とりあえず聞いてみた。

「あぁ、オレはいいや…」

えぇーーーーー!!
( ̄口 ̄)

何?何なの?その余裕っ!?
大人!?
それが大人になるってことなの!?

苦悶してみてもどうしようもない。
もう、入るか帰るか二者択一。
しばらく海を見つめて悩んだ。

目の前には明らかに良くない海。
帰れば暖かい布団と心地良い惰眠…

でも…でも…
ヤッパリ海入りたいっ!!

そりゃそうだよね、せっかくここまで来たんだし、パドルの練習にはなるし、何より入って悪いならさくっと帰る決心もつくもんね…

とか、無理やり自分を説得。
う〜ん、ナイス、ポジティブ。
無駄にね。


寒風吹きすさむ浜辺で着替えていざ海へ。
う〜ん、荒れてるねぇ…
サイズも良くわかんねぇくらいだ…

浜辺を歩いてると「北の国から」のテーマが頭の中を流れたよね。
これが妙に合ってる気がしちゃうワケ。
キタキツネ出るかな…

とにもかくにも半泣きで突っ込んだ海。
どこで波を待てばイイかもわかんねぇくらいのジャンクコンディション。
とりあえず人の居る方へ…

と、急に海面がせり上がるっ!!
うおっ!!
とっさに板を戻して飛び乗った。
が、途中で喰われてあえなく沈。

でもこの一本がオイラの中の何かを変えた。
なんかイケる気がする…
もちろん確信なんて全くないけどね。

次第に心が研ぎ澄まされていくのを感じる。
こうなると不思議、乗れちゃうワケです。
しかも前回より調子イイくらいに。

決して波はイイとは思わないんだけど、体はキレキレ。
10月のセブンセンシズ状態発動っ!!

心技体のバランスがイイのが分かる。
前日ゆっくり寝たのが良かったのかな?

そのうち強烈なサイドショアが更に強くなり始めたので撤収。

入ってた時間はいつもより短いケド満足度はかなりのもの。
さぁ激務ラストスパートっ!!
あの感覚を忘れないウチにまた海行くぜぃっ♪


今回の教訓
【諦めたらそこで試合終了ですよ?】
posted by Andy★ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

The source of energy 009 衝動

080317_1242~0001.jpg

3月17日(月)

気がついたら車に乗っていた。
知らないウチに海に向かっていた…
何だかそんな感覚。

激務をくぐり抜けて久しぶりの連休初日。
目覚めたのは朝8時くらいだったかな。
しばらくぼーっとしてたけど不意に海に行きたくなった。
まさに衝動的に。
こんなことは珍しいんだけど、そうなるともう止まらない波乗り熱。
板を抱えて家を飛び出していたね。

軽い渋滞を抜け、●宮に着いたら物凄いオンショアの歓迎を受ける。
これが目を開けるのがツラいくらいの強風だった。
いやぁ驚いた。

春は風が強くてイマイチなコンディションなことは良くあるけど、最近はホント当たりません。
それでも沖ではそれなりの波がブレイクしてるようなので即入水。
波を乗り越え掻き分けアウトに出る。

厚くてピークワイドなブレイクはサイズ腹〜胸、時折肩近くまで。
意外と凶暴でじゃじゃ馬な感じかな。

パドルアウトの途中で何度も頭の中を「千の風になって」が流れてる…

♪わたしの〜お墓の〜前で泣かないでください〜

縁起でもねぇっての。

とか思ってると、出会い頭に乗ろうと差し込んだ波に喰われた。
かなりのパワーにビックリ。

数本はテイクオフのタイミングを取るのに四苦八苦。
何しろ急に掘れ上がるからイマイチ安定しないワケです。

それでも頭の中から千の〜の歌が消え去り、前回同様に心が研ぎ澄まされていく感覚が訪れると調子が上がる。

激掘れの波をギリギリで駆け抜けると面白いように走れる。
何度も言うけど波乗り最高っ♪
今回も入水時間は長い方ではなかったけど、満足度はかなりのものでしたっ

帰宅して駅前に出てタイガーと久しぶりに飲む。
焼き肉を喰らいつつ熱く語り合っているところにフェニックス合流っ

新しい展開への仕掛けを確認しつつ、Endless Summer seasonUの到来を意識したプチ戦闘民族祭が開催された。

焼酎を心地良く飲み、カラオケを二時間ばかりして盛り上がったまでは良かった…
その後酔った勢いに任せて延長に次ぐ延長…
まさか朝日を拝むことになるとはね…


今回の教訓
「戦闘民族にほどほどという言葉はない」
posted by Andy★ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

The source of energy 010 ポテンシャル

080319_0749~0001.jpg

3月19日(水)

久しぶりの連休を満喫中の水曜日。
とりあえず朝起き出してそのまま海へ。

他にやることないんかいっ

って自分にツッコミを入れつつも、あえて無視して車を走らせるワケです。

今回はイーグルと久々のセッション。
一気に片●に向かう。
トロ厚いワイドブレイクな感じにも見えるケド、思ったより風もないし、悪くないんじゃないの?
ってなワケで速攻の入水。

この日はイーグルから「くせ者」を借りて入ることに。
それは以前から何かとポテンシャルを感じていた細身の板。
忌まわしい過去の記憶を封印しつつ、明るい未来を目指してゲットアウト。
波はなかなかイイんでないかい?

この厚い波に「くせ者」が合っているのかは分からないけど調子はイイっ
あの切り裂き感がたまんないのよ、なんてっか波をえぐってる感じ!?
まぁもっと掘れた波で使う方が調子がいいような気もするんだけどねぇ

まぁそれでもこの波であれだけ働いてくれるんならますますポテンシャルを感じちゃうワケです。
むしろオイラがまだ操りきれてない感じもするな。

しかしこの板、どうも血に飢えてるようで…ラスト一本でリップに絡め取られて両足のふくらはぎに噛みつかれたっ!!
恐るべし切り裂きジャック…

5ミリ着てて良かったよ。
夏なら血を見たね、間違いなく…

痛む足を引きずって本日の波乗り終了〜
しかしここから長い1日が始まるのです…


今回の教訓
「板との相性もヤッパリ大事」
posted by Andy★ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

Road to the green 005 特打!!

3月19日(水)

海から上がりイーグルと共に焼き肉を食らって栄養補給。
何しろこの日はある意味ここからが勝負。

最近うっかりゴルフ熱に火が付いてしまったイーグル行き着けの打ちっ放しで時間制の打ち放題を決行っ!!
2月以来1ヶ月振りの打ちっ放しなので気合いも入るっ

はじめは3時間コースって話だったけど、家に帰り着くための体力と時間を考慮して2時間で。

イーグルはプロにレッスンをお願いしている。
オイラはそれを隣で聞きつつコッソリ吸収。
でもヤッパリ教えてもらうのは重要だと痛感。
地元のゴルフセンターで今度レッスンお願いするつもり。

そして今回は打ち放題の特性をイカしてドライバーもしこたま練習。
難しいんだコレが…

それでも以前よりは真っ直ぐ飛ぶようにはなったかな。

SWやイーグルの7番を試しつつ、手の皮がすりむけた頃に特打終了っ
いやぁ、手が痛い…
まだムダな力がたくさんかかってんだろうなぁ

帰り道は11キロの渋滞に捕まり悶絶っ!!
こんなことならあと一時間特打しとけば良かった…

さて、我流の限界に喰われる前にレッスンお願いしよっと。

今回の教訓
【やはりプロはプロ】






posted by Andy★ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Love Golf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

イン・ゴッズ・ハンズ




トップ・サーファーのパトリック・シェーンをはじめ、現役のサーファーがスタントなしでサーフ・シーンを披露した迫力たっぷりの作品。
伝説のビッグ・ウェーブを求める男たちの姿を描く傑作。

久し振りに魂が燃えたっ!!
去年の夏くらいに借りていたのに、見たのはようやく最近…
しかし、イイです、この映画。
なんていうか、作りこんだのに作りこんでないように感じるというか
ある種のドキュメンタリーを見ているような感覚になる感じ。
それがまたイイ。

そして海に行きたくなる。
海へのリスペクトを思い出せる。
(ほどほどの)デカイ波に乗りたくなるっ

明日は海に行けるといいな。

【解説】
ビッグウェーブ・サーファーの間で知らずと避けられてきた“死"を真っ向から取り上げている.ジョーズでのライディングが全てを物語っている。(真木蔵人)

パトリック・シェーン・ドリアンをはじめとするトップ・プロサーファーたちがサーフィンに命を賭ける男たちの友情と挑戦を演じたドラマ。自らがスタントなしで挑む大胆なライディング・シーンは今までになくダイナミックな映像で圧巻される。また、トップ・プロサーファーによるユニット“THE SURFERS"や元X-JAPANの“YOSHIKI"などが曲を提供しており、映画全体を効果的に盛り上げている。監督ザルマン・キング(『蘭の女』『ナインハーフ』〔製作〕)が、サーフ・ファン待望の本物の迫力と感動に溢れる新しいバイブルを完成させた!


【ストーリー】
シェイン、ミッキー、ケオニの3人はサーフィンを通じて固い友情で結ばれ、ビッグウェーブと出会うために世界中の海岸を旅していた。伝説のビッグウェーブの噂を聞きつけた彼らはハワイの海岸を目指し、仲間たちが固唾を飲んで見守るなか挑戦するが・・・。

posted by Andy★ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

The source of energy 011 新生聖衣

080323_0838~0001.jpg

3月23日(日)

♪手〜に入れたぁ〜 心のコスモ〜

思わず歌い出したくなる日曜日。
おっと、歳がバレちまうぜぃ
でもそのウキウキは押さえきれない。
何しろ新しいウェット(5フル)が我が手に舞い降りるんだもの。

いや、本当は1ヶ月前には出来上がってたのに、土日仕事ばかりで師匠と休みが会わず受け取れなかっただけなんだケド…

何にしても新しいアイテムをゲットすると自ずからテンションが上がるのは戦闘民族に限らず人の性ってもんでしょうっ

師匠とのセッションもほぼ2ヶ月振りだし、楽しみだっ
と、イーグルとともに向かうは●名。

南は既に混雑マークがちらほら…日曜日はヤッパリ混むねぇ。

んで●名は頭近い波が爆裂…
●岡は人だらけの混雑ムード。
師匠の選んだポイントは更に北に上がった所。

う〜ん、メロウ。
てか、むしろ波無くない?
人もぼちぼち。

さっそく新生聖衣を身にまとうとジワリと汗ばむ。
う〜ん。今までのウェットやっぱ寒すぎだねぇ…

んで板は何気なくチョイスした「くせ者」。
これが完全に失敗。
走りませんケド何か?

一番キレイなブレイクではロングボードの一斉チャージで魚群リーチっ!!
ワイキキか!?

そんな中で師匠はバキバキに波を刻んで当て込んでた。

あの…テイクオフすらままならないんですけど…

結局何も出来ないままイタズラに時は流れて…でも全く寒くない。
以前感じていた水流を全く感じない。
うわぁ新生聖衣すげぇ!!
ってそんな事で喜んでるってどうなの?

あとは四本の板を並べて板の違いについて考察。
師匠の解説を踏まえつつ、何となく自分なりの板チョイスの法則的なものが見えてきた。
そうなると新しい板が欲しくなるじゃない。
参ったねぇ…

コンビニで昼飯食いつつ、今後の課題を師匠からレクチャーしてもらう。
波次第で出来たり出来なかったりするってことはまだ自分のモノに出来てないってことですわな。
最近けっこうイイ波だったりそこそこパワーのある波ばっか乗ってたから何となく上手くなった気がしてたんだけどなぁ…慢心ってヤツですか。

さて、波乗り不完全燃焼のオイラとイーグル、もちろんこのままじゃ帰れない。
と向かう先は打ちっ放し打ち放題。

ったく、ほどほどって言葉を知らないよね、戦闘民族は…


今回の教訓
【本当に上手い人は波を選ばない…でもそのポイントの中ではしっかり選んでる】







サーフィン用サングラス [IDENT] アイデント CL-03-IDENT
posted by Andy★ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

Road to the green 006 限界を超えて…

3月23日(日)

波乗りを終えた足でイーグルと向かうのは特打ゴルフセンター。
前回は2時間でちと物足りない感じもあったのでほとんど迷わず3時間コースを選択。
何も考えてないよねぇ、ホント…

やはり時間を開けずにコンスタントに練習するのはイイみたいで、かなりの確率でアイアンは真っ直ぐ飛ぶようになった。
まぁたまにショボいのもあるケドね…

この日は8番が調子良くてフルスイングでグリーン(みたいな所)をしっかり狙ってみた。
SWも数発をカゴに叩き込み、数発をフレームに当て、一発だけ旗包み。

調子イイっすわ〜

と満足げに時計を見やるとまだ一時間しか経っていない…
なんか今日長くない?
と後悔しても時既に遅し。
これからの時間は完全に自分との戦い。
集中力が続かないっ

更に一時間が経過する頃にはフォームはバラバラ、集中力はガタガタ、やる気はゼロ…

いや、3時間もあるんだから休み入れながらやればイイじゃん?
って言われそうだけど、それが出来ないのが戦闘民族の悲しい習性。
妥協とか調整とかほどほどって言葉の意味を知らない。
コーヒーを一口飲んだらすぐに打席に立ってしまう。

2時間半を過ぎて完全に限界を超えたあたりでイーグルの3番を借りて打つと久しぶりに会心の一撃が出る。
しかも三連発。
苦手だったのに…

疲れた体が無意識のウチに自然体のフォームを作り出したのか!?
でも何か微妙にフォームのコツもつかみかけている感じ。
ポイントは体の軸と回転。
体幹の安定とでも言いますか…
コレってサーフィンの上達にも役立つような気がするよねぇ
まぁスポーツの基本なんてみんなそうなんだろうけど…


そんなこんなで何とか3時間の特打を終え、11キロの渋滞に悶絶しつつ帰宅。
もうヘロヘロだぁ〜


今回の教訓
【次回から波乗り後の特打は二時間までとしよう…】





posted by Andy★ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Love Golf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

The source of energy 012 ドラえもん復活!!

080326_0806~0001.jpg

3月26日(水)

今週も水曜が休み。
たまたまです、たまたま。

そんなワケで恒例になりつつある水曜サーフィン!!
今回はイーグルに加えフェニックスも参戦。

日の出がダイブ早くなってきたのでいつもより少し早めのスタート。
潮が引き始めたばかりの●宮へ。

う〜ん、厚いし割れづらい。
しかし無風で面はツルツル。
何か良くなりそうな予感がした。
もちろん単なる直感ですが…

この日は修理工場から戻ってきた「ドラえもん」を使用。
半年振りだな。元気か相棒?

波は腰〜腹で厚く、インサイドで一気に掘れ上がる。
なかなかタイミングが掴めない…
ひたすら波が良くなることを信じてパドル、パドル。
次第にカラダが動いてきて調子も上がる。
そうなると波も捕まえやすい。
たまにイイ感じのセットが入るし、なかなか楽しいっ

一時間くらい耐えてたら波が良くなるだろうと思ってたのに、実際に良くなったのは二時間以上過ぎてからだったなぁ


波が良くなると復活したばかりの「ドラえもん」がすごく調子イイっ
セブンセンシズなライディングが数本。
まだまだモノにしたとは言えないケド、ダイブ意識して発動出来るようになったかな♪
あとは急激に掘れてブレイクする波をかわすべく、師匠からの課題でもあるジャックナイフボトムターンを練習。
これは全然ダメ。
もっと切り裂かないとねぇ。

終盤戦ではイーグルと板を交換。
最初はあまりにドラえもんの調子がイイので交換しなくてイイと思ってたけど、いろんな板の特性を知るには同じ波で乗り比べた方がイイかな、と。
んで変えた瞬間はその板の違いに戸惑う。
何か微妙にクセがあるんだもの。
さすが「くせ者二世」。

で、乗り慣れてくるとかなりイケてる。
「くせ者」よりは安定してるケド、反応は「ドラえもん」より敏感だし、ツボにハマると物凄いポテンシャルを感じる板。
セブンセンシズ発動の頻度はこっちの板のが多いかも。

う〜ん、イイっ

「ドラえもん」がオールマイティーの優等生なら「くせ者二世」はちょっとひねくれた切れ者のイメージ。
スネ夫みたいな?
わかりにくい?
たぶん「くせ者」はジャイアンだね。
荒くれ者で厄介なクセにいざと言うときめちゃくちゃ頼りになるヤツ。

そんなワケで前回乗れなかった鬱憤を存分に吐き出し、ふらふらになりながらの波乗り終了。

大盛ランチで満腹になり、ぐったりしつつの帰宅。
打ちっ放しって言葉も脳裏をよぎったケド、この日は夕方から仕事の打ち上げに参加することになっていたのでそのまま撤収することにした。
イーグルはそのあと一人で打ちっ放しに行ったのだろうか!?
ホント加減を知らない人だな…

帰り道では思わぬ渋滞に苦しめられて時間ギリギリ。
ってかやや遅刻だしっ

致し方なく、フェニックスを途中で放置した。

疲労に蝕まれたカラダに酒はこたえるんだよなぁ〜
いいかげんに「ほどほど」って言葉を覚えないとな…


本日の教訓
【まずはセブンセンシズ発動状態をデフォルトにしよう】





ショートボード用ソフトケースニットケース
posted by Andy★ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | SURF ADDICTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。