2009年03月15日

聖域/篠田節子

未完成の小説を巡るミステリー系。

聖域/篠田節子



最初はけっこう勢い良く読ませてもらえた。
でも中盤から失速。
どうもページが進まなくなってしまったのが残念。

特に重大な謎解きでもないし、恋愛の絡みも中途半端だし、
イタコの体質についても説明不足のような気がするし…

う〜ん…

もっと、「原稿に関わった人間が不幸になる」って部分がはっきりと説明されないと良くわかんないかも。
好きだった人とのロマンスも中途半端だし、それくらいの関係で死んだ人にもう一度会いたくなんの?って疑問だけが残る。

大作家の先生の過去にあてたスポットライトもなんか適当だし…

全体的に中途半端感がぷんぷん…

イタコとか、霊媒体質とかに興味ある人にはオススメできるかも…
出来ないかも…


山本賞・直木賞を受賞していただけにかなり期待してたんだけど。
オイラの評価は低いっす。
残念。


posted by Andy★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。