2012年04月01日

天才ダ・ヴィンチから学ぶ驚きの絵コンテ発想法!/大野浩



天才ダ・ヴィンチから学ぶ驚きの絵コンテ発想法!/大野浩 読了。

画を書くことでいろんな、予期せぬアイディアが浮かんでくるというこの発想法。

あながちウソとも言えないけど、なかなかこれを習慣かできる人はいないと思う。

特に画が得意だと思ってない人なんかは、発想の根っこに画をもってくることはむつかしいのでは?

かくいう自分も決して画が苦手ではないが、
絵コンテをおこすのはストーリーが出来上がってからだという認識があった。

でも、この本が提唱する発想法は、さきに画ありき。

まず一コマ目を書くことによって、その発想が膨らんでいくというもの。

ふ〜ん、なるほどね…

ちょっと試してみたくはなる。

でも、まだ試せてない。

やっぱり慣れなんだよね、どんな発想法であっても。

ただ、何かを書き記すことはわるいことではないし、それが画だというのはいいことだと思う。


そういえば、中学〜高校くらいの頃の方がよく画をで書いていたな…

で、あの頃の方が圧倒的に感受性が豊かだったと思う。

もういちど、その頃の思考に戻せばいいのか。



posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

食べある記 012 山頭火

4月から本格的にダイエットを志した。
目標は夏(7月1日)までに−5kg。

なので、今のうちにiPhoneに残っていたラーメン画像を処理しておく。

だって、見たら食べたくなるんだもの。


こちらは渋谷と原宿の間くらい(だったかな?)にある三頭火。

表道理に小さな看板があり、店舗は裏路地の見つけにくいところにある。

image-20120330134713.png

食べたのはいつだったかな…?


image-20120330134740.png

ただ、ラーメンだけでなく、
店を出たあとにちゃんと看板を撮影しているところをみると、それなりに美味しかったはず。

ブログに書く気になったってワケだから。

しかし味が思い出せない…

やっぱりこういうのって、食べた直後に書かなきゃダメだな…

また行ってみよう。


こらこら…

posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

食べある記 013 中本

こちらは高円寺店のほう。

image-20120330134922.png

なんでも新宿店のほうが美味しいという噂を聞くが、残念ながらそっちには行ったことなし。

大好きなのは蒙古タンメン。

もはや病みつき。

image-20120330134952.png

けっこうお腹いっぱいになる。

汗だくになる。

で、また食べたくなる。

う〜ん、書いているうちにまた食べたくなってきた。

…3キロ痩せたら、行ってもいいかな…?


こらこら。


posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

食べある記 014 魚の四文屋


数多い四文屋の中でも、魚を掲げる店。

とにかく刺身をたらふく食べたかったので、一か八かの感覚で行ってみた。

これがなかなかあたり★

大好きなカンパチがなんと一皿100円。
3切れしか乗ってなかったけど、しっかりとした歯ごたえがたまりません。

image-20120401131104.png

生牡蠣としめ鯖も絶品。

image-20120401131122.png

さざえのつぼ焼きとマグロステーキ。

image-20120401131147.png

image-20120401131205.png

とどめのブルスケッタ(だっけ?)、さらにはアジのたたき。

image-20120401131224.png


もうお腹一杯。

これで思い残すことなくダイエットに励めますわwww

posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

フクシマが福島であるために 〜3.11からの教訓G〜

2月の終わりころの話。
カンニングの竹山さんが福島を旅して、その様子をツイッターでつぶやいていた。

そのつぶやきが炎上を招いたらしい。

なぜ?

その思いは、自分が作った番組とリンクした。


もちろん、多種多様な意見はあるだろうけど、その趣旨としては、

「芸能人がさも福島を安全なように思わせる発言をするのはおかしい」

といったところだろうか…


確かに、安全とは言えない。

それは専門家や研究者でさえ意見の異なるところなのだから、「安全」と言うのはおかしい。


でも、旅をし、福島を楽しむことは悪いことなのか?


福島をひとくくりに「フクシマ」として拒否することは、同じくらい危険な思想じゃないのか?


福島に暮らす人々がいる。

福島を楽しんでいる人々がいる。

自分だってその一人だ。


福島の雪山は最高だった。

温泉が、料理が、出会った人が…全てが最高だった。


たった一週間の旅でしかなかったけど、福島を好きになるには充分すぎるほど濃密な時間を過ごした。

福島の人は、その場所がどこも「安全」だとは言わなかった。

専門家が言えないのだから、自分の口からは言えないと言った。

でも、「安心」して楽しんでほしいとも言った。


原発事故から1年が過ぎ、笑顔で暮らす自分たちの姿をみて、
短期間の旅行くらい安心して楽しんでほしいと笑った。


もちろん、乳飲み子や妊婦を無理して連れてきてほしいなんて思ってない。

県外に避難できるならしたほうがいいだろうし、実際している人も多くいる。

でも、いろんな事情でその場所を動けないひとたちがいる。

その土地で生きていかなければいけない人もいる。

そんな実情の中で、福島を「フクシマ」として敬遠することは、何の助けにもなっていない。


手出しはしなくていいから、せめて邪魔をしないでほしい。

竹山さんのように、手助けをしてくれる人の邪魔をしないでほしい。

価値観の押し売りはしたくない。

だからささやかに願うだけ。


そして、いつか誰もがなんの心配もせずに福島を訪れ、地元に戻れる日がくることを心から願っている。


posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

My Style 005 バスケ合宿@



4月14日(土)バスケ合宿初日。

3泊ほどの編集暮らしのなか、ふらふらになりつつようやく仕事を終えたのは深夜1時。

出発は朝9時。

眠さを爆発させつつ、合宿場所となる千葉房総へ。

途中爆睡。
いつのまにかワープしてて、気がつけばアクアライン。

で、ボーっとしているうちにバスケスタート。

まぁカラダ重いよね…


しかも練習時間は4時間とたっぷり。

ペース配分なんか出来るわけなく、1on1大会の一回戦で燃え尽きた。


その後はもうグダグダ。

足はプルプル、腕は上がらず、シュートはことごとく入らない。

ぐったり…

カラダ作りが出来てないと何にも出来ない。

しかしそこにモチベーションがついてこない…

何か強烈なカンフル剤が必要だ…と思っていた矢先。

夜のBBQで、BEATER所属の同学年バスケットマンと知り合う。

2週間に一回くらいしかバスケには参加できてないらしいのに、体幹の作りこみが凄かった。
この年になると、そんじょそこらの努力じゃあの腹筋は作れない。
もちろん、コートでの動きのキレがその成果を如実に物語っていた。

この出会いはありがたかった。

少なからずやる気が出た。
努力は続けないと実にならない。

そんなコスモが燃え上がったおかげで、飲みまくり。

もちろん、翌日のバスケに影響しまくったことは言うまでもない…

posted by Andy★ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

My Style 006 バスケ合宿A



4月15日(日)バスケ合宿2日目。

カラダが鉛のように重いうえに、極上の酔っ払い状態。
そう、実はまだ二日酔いにも辿り着けてない…
まぁ、4時半過ぎまで飲んで、8時に起きたらそうなるわな…

そんなワケで、粕漬けのような状態でバスケ開始。
当然まったく動けません…
ボールすらまともに取れない。
つか、手が上がらない。

なんとなく走れるようになったのはラスト2試合くらいかな。
でも、このラストのミックスゲームが面白かった。
メンバーにも恵まれたしね。

ファーストシュートが3Pで、続けてミドルも沈め、極上のすべりだし。
チームメイトがやさしいパスを出してくれたおかげで速攻にも絡めた。

初勝利が最後の試合。

ま、楽しければよし!

スタイルって意味でここまでずっと模索してきたけど、この合宿のおかげでなんとなく見えてきたかな。

まず第一に、楽しむバスケ。
これだけは外せない。

で、どう楽しむのかってところで、自分のバスケスタイルの話。

カットインについては、ボールが手につかない限り上はない。
よほど後ろが広く開いたとき以外は捨ててしまおう。

長期参加できなくてカラダが鈍るのはもう仕方ない。
筋トレとランでなるべく落とさないように気をつけながら、行ける時一気に引き上げるしかない。

一方で、意識していきたいのはやっぱり外のシュート。
ミドルのジャンプショットと、ノーマークの3Pの精度をどうにか上げていきたい。
これで外にマークを釣れたら、カットインも復活できるはず。

もう、これは練習の合間に打ち続けるしかないよね。
高校のときのように。
シュートタッチさえ取り戻せれば、体幹を鍛えることで安定感が生まれ、
シュートの精度は向上するはず(だと信じている)。

大事なのは、バスケに行けないときの過ごし方。
ランと筋トレを継続しつつ、シュートタッチの感覚を忘れないように部屋でもボールを触る。
これでダメなら仕方ないな。

とりあえず、やることを絞り込んで、一生懸命やる。
ベースは楽しく。
で、それでもチームに迷惑をかけてると思ったら、潔く引退を決断する。
とりあえず今年はそんなスタイルでいってみよう。

しばらくは練習にも行けそうだし、楽しくがんばるとするか☆


posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

Take back the glory days 001 マジでガチな復帰戦



4月18日(水)ABBANDONO@高円寺中学校

図書館での調べ物から直帰しバスケへ。

前回の合宿では自分のヘロヘロなプレーにかなり凹んだ。
もうホント、生きててすみませんってくらいな勢いに。

だからこそ、何とか一日でも早くカラダを戻したいと思っていた。
そのためにはマジでガチに動かないと、キレも感も戻らない。
恥も外聞もなく、一生懸命走ることにした。

そんな中で、ノーマーク3Pのセットシュートはまずまず。
とは言え、シュートタッチはまだ安定してない。

無意識にヒジが開いて打っていることが多い。
矯正の必要あり。

ジャンプショットは相変わらずダメダメ。
カラダが流れたまま安定してない。
リングに当たらないこともしばしば。

鬼の打ち込みが必要です。

ちなみにカットインからのふわっとショットも相変わらず入らない。
これも結局流れたカラダをコントロールする体幹がへなへなだからなわけで、
やっぱりやるべきことは振り出しに戻る。

Take back the glory days (栄光の日々を取り戻せ!)

長く、果てなく、終わりない戦いが始まる…



posted by Andy★ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

食べある記 015 モッツマン

遅咲きの桜を愛でつつ、週末は街に繰り出してみた。

image-20120423163310.png

今回は新宿、モッツマンへ。

なにしろレバ刺しが美味いと聞いていたので、心から楽しみにしていた。

こちらが噂のレバ刺し。

image-20120423163343.png

レバ刺しは超絶美味しかった。

臭みは全く無く、厚切りの身にはしっかりとこりこりとした食感が残る。

最高。

その後、ハツ刺しを賞味。

image-20120423163404.png

これもかなり美味しかった。

刺しに関してはなるほど、頭一つ上かな。

一方で、料理の提供スピードはめちゃくちゃ。

どう考えても回ってない。

串焼きも二本からってのがイマイチだなぁ…

惜しい。


posted by Andy★ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

Take back the glory days 002 迷子のシュートフォーム



4月20日(金)ABBANDONO@荻窪体育館

久しぶりに荻窪。

逃げるように退社し、体育館へと向かった。

この日は以上にジャンケンの弱い日だったなぁ…

普段結構勝つんだけどなぁ

そんなことを思いつつ、抜け番の嵐。

体育館の使用時間が延長でよかった。

この日もジャンプショットのシュートフォームは迷子になったまま…

カラダが流れてんだろうなぁ、微妙な感覚の差で入らない。

う〜ん…

一方で3Pの方はまずまず。

とは言え、入る時と入らない時の落差が酷い。

入らないときはリングにすら当たらないからね…

まぁそれでも1試合に1本くらいはいい感じに打てたかな。

このあたりは集中力でなんとかなるのだろうか…

いや、数打たなくちゃダメなことに変わりはないんだけど。


集中しているときの動きは悪くない。

少しずつ復調の手応えは感じ始めている。

一方で、やっぱりまだイージーなミスが多い。

とにかくランニングシュートは外さないようにしないとね。

練習あるのみ。


posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

食べある記 016 BUNGO

バスケ後の楽しみといえば、やっぱりビールでしょ★

image-20120423163540.png

ほんと、ここ一週間くらい飲み続けて粕漬けみたいな脳みそとカラダに決別しようと、断酒を志してみた。

その前にビールを浴びておこうってことで、高円寺の北口にある創作イタリアン(?)BUNGOにて乾杯。

コースに飲み放題を付けて3500円くらいとリーズナブル。

そして本日の目玉と言うべきはこちら、ローストポーク。

image-20120423163600.png

ふわふわの食感と絶妙の味加減が最高でした。

ビールが進む進む。

image-20120423163622.png

〆はパスタ。

普段はトマトソースばかり食べるから、シンプルなパスタは新鮮。

てか美味かった。

この店は非常にイケテル。

味、値段、量。

全てにおいてかなり高い満足度を誇りました。

初めて行った店だったけど、リピート確定★

またローストポーク食べたい。

posted by Andy★ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

Take back the glory days 003 集中力。



4月22日(日)Bigbaby@上井草体育館

本日の人数5名…う〜ん、しびれるね。

とか思ってたけど、隣で練習していたほかのバスケチームと練習試合が出来ることになり、
それはそれで楽しかったから良かった。

この日は週末に購入したばかりのタイツを試してみた。



これを履くことによって、筋肉が締め付けられ、余計な力を使わず、筋肉も疲労しにくくなるらしい。

ほうほう。

やはり衰え行くカラダにはこうしたサポートギアが必要かもね。

で、練習試合。

相手チームのセンターが上手かったな。

シュート外さないんだもの。

対するベイビーもミドルシュートは絶好調。

リバンドでは相手チームが有利だから、ここら辺が勝負の分かれ目だったかも。

ゾーンで中を小さく守っていたから、自分も打ち放題だったんだけど…いかんせん入らない病だからねぇ…

ちょいちょいカットインからこじ開けての合わせも試してみた。

パスが悪いんだなぁ…

結局ボールハンドリングがよろしくないってことなんだなぁ…

まだまだだなぁ…

一番の反省点は、意外と集中力が途切れがちだったことかな。

シーソーゲームなんだから、もっと集中してもよかった。

結果はワンゴール差くらいで勝ち。

ま、勝ててよかった。

少しずつ調子は上がっていると思ってる。

大分動けるようになってきたしね。

あとはミドルシュートだな。

なんとかしてこの迷子のままのシュートフォームを探し出さねば…

posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

Take back the glory days 004 冷静と情熱の間。



4月23日(月)Bigbaby@高円寺体育館

結局前日の酒が抜けきらず、うだうだと仕事をこなしてからバスケへ。

最近酒からの回復が遅すぎる。

年だな…

さて、久々ビッグのほぼフルメンバーと練習&ゲーム。

いい刺激になる。

やっぱりそこはワンランクからツーランク上のカラダを作らないと通用しない部分が多々あった。
ディフェンスひとつとっても、プレッシャーが格段に違うし、
こちらが守るときも後一歩が追いついていない。
イージーなパスは狙われるし、速攻だって簡単に出させてはくれない。

だからこそ燃えるし、やる気も出る。
もっと練習&筋トレしなくちゃって思える。

とは言え、合宿のときと比べたら格段にカラダのキレは良くなってる。
あと数回バスケに行ければ、とりあえず3ヶ月前くらいには戻せる…とイイな。

そして、今週のジャンプで「黒子のバスケ」を読んで思ったことだけど、
最近ちょっとジャンプショットのフォームを取り戻そうと躍起になりすぎていた感もあるかな。

以前はもっと自然に打ててた。
今は打つときにいろいろごちゃごちゃ考えすぎてるみたい。
次回はゴールだけを見て、無心を試してみよう。


一方で、チーム作りとしても、今は我慢のときなんだと思う。
強くなりたいと願えば、チームが機能しない状況や、
プレーが上手くいかないもどかしさにストレスもたまるし、衝突もある。
基本的には個人で上手くプレーできない葛藤と変わらない。

でも、それは決して悪いことじゃない。
むしろ、チーム内にそういったものが無いと絶対に上にはいけない。

問題は、チーム全員がそのモチベーションで上がっていけるのかどうか。

今のままで良かったり、さらに上を目指す志がないと、きっとそれは負担になるし、
上を目指す人にとっても、もどかしさの原因となる。

正直、自分だって今回の合宿で一度心は折れかけている。
久々に戻ってきて、こんなプレーしか出来ないようじゃ、チームの邪魔にしかならないな、と。

ただ、運よく同世代のバスケットマンとの出会いによって、
数週間に一回しかバスケが出来ない環境の中で、カラダを作り続けている人間と出会えたことで、
それは一時的に回避できたし、今はモチベーションも保つことが出来ている。

じゃぁ次、もし3ヶ月も練習が空いたとして、カラダがまた全く動かない状態になっていたら、
そこからもう一度登りなおそうと思えるだろうか?

実は「いつまでモチベーションを保てるか」はきっとこのあとずっとついて回る重要な問題だ。
言うなればそれは、チームとしても、個人としても。

そして、一見共通項となりそうな、誰しもが根底にもつ、「楽しくバスケをしたい」という欲求。
実はその「楽しさ」も個々人で違うんだ。

上達を楽しむ人もいれば、シュート一本、パス一回を楽しむ人も、
他人と共有する時間を楽しむ人も、バスケ後の飲みを楽しみにする人だっているだろう。

そんな中で、しかも社会人という縛りのなかで、
どこまで上を目指していくのか、行けるのか…答えはきっと簡単ではない気がする。

そんな今だからこそチームの方針が問われるときなんだと思う。

自分自身、もし今のようにコンスタントにバスケを続けていけるなら、
もっと発言も出来るだろうけど、現状なかなかそれは難しい。

だからと言って、参加できる限りはなんとかしたいと思うし、何よりまず楽しくしたい。

これは簡単に答えの出る問題ではない。

きっと一気に解決する問題じゃない。

逆に、一気に解決させちゃいけないのかもしれない。

少しずつ重なり、折り合い、ぶつかり、ようやく歪ながらも形をなしていく。

それが「チーム」ってものだから。

「バスケ好きの集まり」から「チーム」へと昇華する過渡期。

だからこその生みの苦しみ。

そんな時期なんだと思う。

まだまだ終われない、栄光の日々は取り戻し始めたばかりだ。

まずは自分の出きる事からコツコツと。

あとは、早くユニホーム来ないかなぁ〜☆


posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

Take back the glory days 005 帰ってきたジャンプショット。



4月24日(火)ABBANDONO@高円寺体育館

最近、マガジンで連載中のバスケ漫画、「あひるの空」が熱い。

スラムダンクとはまた違ったリアリティの追求。

コート上の空気感やひりつくような緊張感が胸を突く。

今後の展開が楽しみ★


さて、順調にカラダのキレを取り戻しつつあるバスケ。

アバンでもなりふり構わず限界越えの動きで絞り込んでいる。

あんまりやりすぎても迷惑と言うか場違いなのもわかってるんだが、
カラダを取り戻すためにも、とりあえず4月中はわがままにやろうと勝手に決めている。

この日はチームバランス的にもゴリゴリ点を取りに行かないと全く勝てる感じがなく、
それはさすがにイヤだったので、お尻の筋肉がツルまで走り続けてみた。
もちろん、必死で点を取りにいった。

すると、不思議なことに3試合目あたりからミドルショットが無心で打てるように。
こういうシュートは入るんだな。

お帰り、ジャンプショットのシュートフォーム。

やはり大事なのは集中力なんだね。
微妙なズレは頭で考えても修正できない。
ようはどれだけ集中した一本が打てるかどうか。
まさにひりつくような緊張感の中での一本が大事だってこと。

さて、だいぶ動きとシュートが戻ってきたので、来週頭の3連発バスケで最後の仕上げ。
5月からはまたいつものプレースタイルに戻すことにしよう。
もちろん、集中力の確保は重要な課題のままだけど。

短期決戦でカラダを作ろうとすると、筋肉のどこかにムリが出る。
今も左足の太ももが痛い。
軸足だからツライ。
走れないってことはないけど、飛んだり、シュートを打つときにピキッてなる。
ま、筋肉そのものも減ってるから、余計にきついんだろうけどね。

今後、バスケをどこまで連続で参加できるかはまだ未定だけど、
とりあえず走れるところまでは走り続けてみるかな。

もうちょっと、シュートは入るようになると思ってる。

たぶんね。



posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。