2013年07月04日

食べある記 023 中華食堂 熊谷


image-20130704203440.png

陸前高田の竹駒にある仮設店舗の中華食堂 熊谷。
こちらの担々麺がかなり美味い☆彡


image-20130704203638.png


白と黒の二種があるけど、始めてなら白からがオススメ。
しっかりとしたスープにコシのある縮れ麺。
ちょいとピリ辛なひき肉がまた良い感じ。

きっと津波で店舗はもちろん、レシピなんかも全部流れたんだと思う。
そんな状況の中から自分の記憶と舌を頼りにかつての味を再び取り戻したんだと思うとその職人魂に頭が下がる。

ぜひ、陸前高田を訪れたときはお試し頂きたい。


posted by Andy★ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

ルームシェア/宇木聡史

【送料無料】ルームシェア [ 宇木聡史 ]

【送料無料】ルームシェア [ 宇木聡史 ]
価格:680円(税込、送料込)



脱力系のラブストーリーって感じ。

人の優しさが分かる本。
まったり、のんびり進む展開には好みが別れるところかも。

でも、後半の展開にはいささかの違和感。
うーん、もっとなんかなかったのか、と。

小説と一概に言っても、名作、良作、凡作、駄作と様々。
勉強になりました。
posted by Andy★ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

植物図鑑/有川浩

【送料無料】植物図鑑 [ 有川浩 ]

【送料無料】植物図鑑 [ 有川浩 ]
価格:720円(税込、送料込)



最近よく名前をきく、有川浩の恋愛小説。
まったりとした展開を様々な野草のまめ知識が彩る。
瑞々しくもほっこり、まったりする恋物語。

極々、狭いテーマを洗練して一つの物語にまとめあげる筆力、構成力はさすが。
クライマックスらしいクライマックスはわずかにある程度で、あとは日常を鮮やかに描いた雰囲気。

好みかどうかという好き嫌いはあるにせよ、個人的には良書。
posted by Andy★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

キケン/有川浩

【送料無料】キケン [ 有川浩 ]

【送料無料】キケン [ 有川浩 ]
価格:578円(税込、送料込)



有川浩ー「ひろし」ではなく、「ひろ」と読む。
男性ではなく、女性作家だ。

この作者の作品は最近読み始めたばっかりだけど、どれも素朴なのに面白い。
メチャクチャハラハラさせるような展開はない。
でも、つい読み進めてしまうストーリー展開の上手さがある。

何気ない日常を舞台に、ほんのちょっぴりの非日常にスパイスが上手く効いている。
なるほど、これが出来たらいくらでも新作を量産出来るわけだ。

作家(に限らず、クリエーターは全てそうだと思うけど)の発想の源、
インスピレーションの起源はきっと自己体験の延長線上にある。
それは外出することだけでなく、インターネットやテレビなどから得る情報も一つの自己体験だ。
そして、その延長線上から、更に広範囲に扇状的に広げられるかは想像力と取材力の成せる技だ。

有川浩はそれが神憑って上手いのだ。

何気ない日常の日記的なメモを想像と取材を巧みに盛り込み、
延長線上を遥かに拡大し、扇状的に物語を拡大していくのだ。

日記なら誰だって毎日書き続けることが出来る。
でも、お金を払ってまで読みたい日記なんて、そうそう毎日書けるものじゃない。

日記的出来事をベースに、誰もが読みたがる物語を紡ぐ。
これこそが有川浩の最大の能力な気がする。

posted by Andy★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。