2015年11月01日

そろそろ2016年の手帳を決めようじゃないか。【後編】

さてさて、もはや自分の使い勝手の良い手帳術は自分で極めるしかない、と悟ったのが8月末。
では、どういった手帳術が自分に合うのか、それを模索したのが9〜10月だった。

まず、日常で管理すべき情報を分別してみる。

1)相手ありきの固定スケジュール
2)ある程度まとまった時間を確保してする仕事(作業)
3)時間軸に紐付いた雑事
4)月単位の目標
5)年間計画
6)プライベートの記録
7)仕事の打合せメモ
8)仕事に関するアイディア・思いつき
9)出納帳
10)体重・運動量管理
※ちなみに、9,10は全然続かないのでもはや願望にちかい・・・

一応この10項目を選抜した。
こうなるとなるほど、なかなか日々扱う情報量は多いものだと自分でも驚くばかり。

で、まず
1)相手ありきの固定スケジュール
2)ある程度まとまった時間を確保してする仕事(作業)
については、これまで通りグーグルカレンダーで管理する。
これはiPhoneとも同期しているので、いつでも閲覧ができ、急なスケジュール変更にも対応しやすいというメリットが大きい。

3)時間軸に紐付いた雑事
4)月単位の目標
5)年間計画
6)プライベートの記録

の4項目については、手帳を使うことにした。
やはり時間軸が最初から記載されているのが良いという判断。
ただし、1日1ページではなく、ウィークリータイプを使うことにした。
理由としては、2015年の手帳を見返してみたが、たくさん書き込んでいる日もあるけど、総じて自分の字が「雑でデカい」ことで無駄にスペースを食っている部分が大きいこと。
また、1日1ページだと、「その日にやろうと思っていた」けど、「明日でも良くなった」ことをいちいち転記する必要があるけど、ウィークリーなら横に線を引くだけですむ。
また、もともと土日に仕事関係の記載はしていなかったから、土日のプライベート記載欄も十分確保されると予想している。

7)仕事の打合せメモ

これについては、裏紙を利用し、打合せ後に各プロジェクトで仕分けしたEvernoteにまとめ、その紙はファイルもプロジェクトのバインダーに保存しておくようにする。
日付というより、プロジェクトに紐づくイメージで管理するほうが閲覧性が勝るとの判断。

8)仕事に関するアイディア・思いつき

これが一番悩んだ。
けど、もう開き直って別冊ノートを用意することにした。
しかも、できるだけ薄い、方眼紙のヤツを。
あとは時系列でどんどんアイディアを書き連ねていく。
大事なのはアイディアの熟成と利用、転用、応用。
つねに思考を続ける補助としてのノートが機能すればイイ。

9)出納帳
10)体重・運動量管理

これについては今だに継続記載できていないけど、一応手帳のマンスリーページを使ってみようと思う。
8、9、10については今後もさらなる改良が必要かもしれない。

さてさて、これらの条件をクリアする手帳なんてあるわけないだろう。

と思っていたらあった。



コクヨのジブン手帳。

これ、すごい。

ライフログと手帳(ウィークリー)とアイディア用ノートが三位一体となったすぐれもの。
まさに今まで考えていた概念にピッタリ!

が、ダメ。

これを買うと、いままで愛用してきたMontblancのノートカバーが使えない。
(サイズが合わない)



ってことで、ここはMontblancのノートをベースに組み立てることに。

まず、手帳は去年の使い心地の良さを鑑み、Editウィークリー。
サイズはA5。
色はオレンジかターコイズかで迷ってる。



アイディアノートには薄くて方眼紙で値段も手頃な無印良品がいまのところ第一候補。

さらに打合せようにA4の裏紙を二つ折りにして5枚前後挟んでおく。
これは使ったら即補充。

こうしてなんとか2016年の手帳構想がまとまった。

あとは実践のなかでさらに改良を加えたいところ。

あとは他人の手帳術なんかもいろいろ聞いてみたいな。

そして手帳術、ノート術の次は仕事術の追求をしていきたいところ。

まだまだ進化できる部分は多い。





posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

業務日誌〜2015.10月〜



怒涛の10月、完結。って感じ。
今振り返っても本当に中身の濃い1ヶ月だったのだと思う。
もちろん、その時その時は脇目もふらず駆け抜けているワケだけど。

10月に入って早々にオフィスが引っ越しをした。
業務拡大を見越しての駅前進出だった。
これは非常に嬉しいこと。
目下の目標は東京進出。
そのための基盤作りとして、博多と小倉のオフィスを充実させることが必要条件だ。
人材の確保と多角的な業務の拡大。
目下のテーマはこれだろう。

その流れもあって、今月は「営業」を一つのキーワードに設定していた。
簡単なところでは、Facebookを使っての「仕事内容の拡散」。
これは見た人が何かの拍子で「ああ、仕事を頼んでみよう」と思うという直接的なものより、第三者が「業者を探している」というような状況でお試し的にでも声をかけてもらえるかもという二次的な意識が強い。
そのためにはどんな仕事をしているか、なんとなくでも知っておいてもらったほうが良いだろうという判断だ。

さらに、春の終わりから取り組んでいた「映像制作事業」の拡大がついに本格化を迎えた。
ランディングページを立ち上げ、各企業にダイレクトメールで営業をかけるとともに、東京のパートナー会社さんがいろいろと売り込んでくれている。
東京進出の大きな基盤となるべき事業だけに、これは引き続き上手く育てていきたいところ。

一方で、地元のサッカーチーム関係の事業もなかなかの盛り上がりだった。
正直、あまりに急ぎの案件が多く、かなりバタバタしていた印象は否めない。
この業務はできるだけ早く次の担当者に引き継ぎたいところ。
さらなる拡大のためには、ジブンはたぶん同じ仕事をルーティンで繰り返すより、新しいジャンルを開拓していくほうが向いている。

出張が多かったのも10月の特徴の一つだった。
博多では福袋案件や映画のプロモーション案件が動き出した。
大阪には研修を兼ねて勉強会と懇親会に参加。
すぐというわけではないけれど、ここでもまた新しい事業を動かせるといいなと思う。
そして動画制作事業の営業が実っての東京出張が突如入ったりでホントよく走り回った1ヶ月だった。
11月はこの営業の成果をなんとか事業展開として形作っていきたいところ。

最近良く考えるのが、ジブンの仕事って何か?ってこと。

完結にWebディレクターとは言い切れない。
動画のディレクターはこれまでのスキルと経験があるけど、Webやグラフィックはどうしても弱いと自覚している。
でも、だったらその2つを動画並にディレクション出来るようになればすごくない?
ってのがジブンへの問いかけであり、今後の課題。

Web、グラフィック、動画、その3種のディレクションが同じレベルでこなせれば…きっとそれは他の人には無い強力な武器になるはず。
クリエイティブ・ディレクターであり、メディア・コンテンツプロデューサーでもある。
そんな人材になれたら、どんな世界でも通用するだろう。
そう思うとワクワクする。

まだまだ学びべきことは多い。
気を抜くと今に流されてしまう。
でも、それではダメだ。

常にジブンをバージョンアップさせられる人間であること。

そうだな、来月11月のテーマは「バージョンアップ」でいこう。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

スティーブ・ジョブズ



天才とは、生まれながらに天才なのか?

この疑問に答えることは難しい。

でも、常々思っていることがある。

天才は、そうなるように生きて天才となる。のではないかと。

スティーブ・ジョブズは天才だと思う。

パソコンにデザインを取り入れ、iPodやiPhoneなど、未来を創造するデバイスを次々と世に生み出した。

だが、いきなりiPhoneを生み出したわけではない。

Appleを追われて、戻り、そしてようやくそこで生み出すのだ。

つまり、ようやくそこにきて初めて「時が満ちる」のだ。

Apple2やMacintoshを生み出したタイミングでは、まだiPhoneなんて思いついてもいないハズだ。

だって思いついていたらジョブズはその時点ですでにそれを世に放ったハズだから。

そうなのだ。

天才とはその人の情熱とひらめきに、時の流れが掛け合わさって初めて生み出される奇跡なのだろう。

ゴッホが初めて描いた画が「ひまわり」なわけではなく、

ベートーベンが初めて作曲した音楽が「運命」というわけではない。

必ずその「天才の作品」の背景には「時代の流れ」があるのだ。

そうなら。

もしそうなら。

まだまだ、これからやれることはたくさんあるはずだ。

未来とは、情熱を積み重ねることで「そうなるようにできている」。

自己実現能力。

これは、万人がもつ、唯一無二の平等な能力だと思っている。

使うか使わないか。

それはジブン次第なのだ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

テレビCMにかかわる仕事



秋の始めにコンペでのがしたCM企画の話がくやしくて、こんなものまで借りてみた。

内容は別にどうってことないけど、一つわかったことがある。

ジブンの目指すべきゴールは、きっと「クリエイティブ・ディレクター」なのだ。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

進撃の巨人 Attack On Titan エンド オブ ザ ワールド



おいおい、貸し切りかよ!って驚くほど人の少ない劇場で、進撃の巨人の後編を見てきた。

残念ながら、別にオモシロイとは思わない。

衝撃的な分だけ、まだ前篇のほうが良い。

展開は透けて見えるし、何を目指して戦っているのかよくわからなくなるし、結局最後はウルトラマン大決戦だし。

もちろん、映画館ならではの音響や迫力はある。

あるのだけど、緊迫感も前篇に比べるといまいち。

大金を捧げて実写にする理由はよくわかんない。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉/小倉広



勝手に人生のメンターの1人だと思っておる小倉さん。
かつて最も苦しい時期を乗り越えられたのは、アドラーの言葉だったという。

コップに半分入った水をみて、「もう半分」と思うか、「まだ半分」と思うか、という話は有名だけど、そんなの環境によってことなるって思ってた。

砂漠で喉がカラカラなら「もう半分」と思うだろうし、オアシスで見れば「まだ半分」と思えるだろうと。

でも、実はそうではなく、砂漠で「まだ半分」と思い、オアシスで「もう半分」と思える思考こそ最強なのではないかと感じたのがこの本の肝。

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。というエリック・バーンの言葉も有名。

でも、もう一歩踏み込んだ考え方をするのなら、「自分を変えることが出来る人だけが、未来を変えることが出来る」のだろう。

今のままの自分に待っているのは、いまの延長線上の未来でしかない。

今の自分がわずかにでも変わるのなら、その先に待っている未来はわずかかもしれないが変わるのだ。

本著の中で、筆者は言い切る。

「性格(生き方)は変えられる」と。

これはボク自身が実感していることだ。

未来は、意志で変えられる。

今を変え、自分を変えることで変えられる。

もちろん、実践出来る人は多くない。
まず、この概念が理解出来ないからだと思う。

ただ、唯一の真実。

なりたい自分になる。それは今の自分を変えることから始まるのだ。

そこからしか、始まらないのだ。

posted by Andy★ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

客観力 自分の才能をマネジメントする方法/木村政雄



もと、よしもと工業のやすきよマネージャーさんの著書。
これは想像以上に面白かった。

勝手にやすきよのマネージャーを名乗ったところから始まり、東京よしもとを立ち上げ、凋落著しい新喜劇を立て直した傑物。
その仕事はすべて情熱に裏付けられていた。
こういうのがカッコイイ仕事だって思い知らされる。

ブームが起きた時、それで終わらせず、常に次の手を考えている思考力、発想力、先見性。
現状に甘んじたら豊かな未来は手に入らない。
これは金言だ。

そんな筆者が重視したのが「守・破・離」という概念。

守で基礎を学び、習得。
破でそれを越えてオリジナリティを出し、離で新しいステージに立つ。

これは自分の人生に当てはめても納得出来る考え方だ。

2014年からWeb業界という新しい世界に挑戦を始めた。
基礎をすべてマスターしたかと言われるとそこはまだまだ修行中な部分は多いが、それでもある程度のベースを知っての2015年。
今年は破というべき展開も出来たと思う。
さて、2016年は離。
次なる展開をもとめ、東京進出を確実なものにしたいところ。
まだまだこの業界での野望は付きない。

会社は社員をつかって利益を出す。
だから社員は会社を使って自己実現をするべきだ、という提言は身にしみる。
いま、自分がしようとしていること、2014年から仕掛けたことはまさにそういうことだからだ。

そして、もちろん進む道は平坦ではない。
楽なことだけではない。

ピンチはチャンスなんて言葉もあるけど、この筆者の言葉の方がしっくり来た。

変化(CHANGE)はGをCに変えるだけでチャンス(CHANCE)になる。

そう、たった一文字の違いで、チャンスは手に入る。

変化は恐れるものではない。

歓迎すべきものなのだ。

もっともっと、進むべき未来へ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

アイデアハック!2.0



成功するには、努力とセンスと運が必要だ。

そんな使い古された言葉でも、捉え方次第ではいくらでも「不可能ではない」と思える名著。

運をハックする。

そんなコンセプトで書かれたこの本は非常に面白かった。

かつて読んだ「0秒思考」に通じるものがある「プライベートライティング」の方法論。
これはとにかく自分の思考を文字やイラストとして具現化することの大切さを教えてくれている。
脳内にある、形にならない言葉は出来る限り書き出して具現化する。
それこそが「自分の脳を覗き見る」唯一無二の方法なのだ。

そして、自分の思考をみつめ、自分で選択を続けることで、本来は自分ではどうすることも出来ないハズの運すらハック出来るという概念。

うん、ちょっと極論解釈かもしんないけどまぁいいや。

あと、これまでたくさん本を読んできたけど、この本ですごく腑に落ちた言葉の一つが、「本には作者との相性がある」ってヤツ。

なるほどなって。

文体や表現のクセなんかで読みやすい本、読みにくい本はある。
何か読みにくい、そんな本は読まなくていいってことをアタマに入れておこう。

さて、もう一つ。

この本の中に出てきた、「ライスワーク」と「ライフワーク」の話。

これは2016年の課題だと思う。

ライスワークとは、日々のご飯を食べるための仕事。

そしてもう一つ。

ライフワークとは、人生をとして携わるべき仕事。

このあたりは今後もっと深く突き詰めていきたい。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

100%楽しく働く1%のサラリーマン



もともとこの筆者の生き方、仕事観、志などは尊敬していたのだけど、同郷と知ってより親近感が湧いた。

この本の中ではメンターの重要性を説いているが、そういう意味ではこの著者はボクにとってのメンターの1人になりうるのかもしれない。

ちなみに、メンターは別に1人である必要はない。
いろんなジャンルにわたって存在する、自分の指針であり目標であり、人生の先導者のことだ。

仕事は(もちろん嫌なことだってあるのは前提であえて)楽しい。
でも、そのもう一歩上のレベルがあるということを筆者である俣野さんは示してくれる。
質の高い、ワンランク上の仕事をする。
それは、自分で仕事を作り出すということにおいて他ならない。

フリーランスならもちろんだけど、たとえサラリーマンであっても、「指示されなくても自分で行動して結果を出す。」これが本当の仕事の面白さなのだ。

そしてもう一つ。

より大きな仕事をするなら、自分以外の人間を動かす意識をもつこと。
これは将来のマネージメントに通じることだ。

今後は自分だけでなく、仕事をふった先の人の部分までPDCAを意識していこう。

そして、より情報感度を上げること。

常にビジネスの最前線で戦うということはそういうことだ。
posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

1日5時間で仕事を片づける人の「段取り」術



段取りについてはもっと突き詰めていくべきかと思ってる。

特に出張や出先での打合せが続くときなんかは、「ああ、あれ持ってくれば良かった!」みたいなことがもっと減るように。

つまりそれは準備であり、段取りなのだ。

ただ、この本は特に刺さるポイントはなかったんだけど…。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え/水野敬也



この本は、普通に読み物としてオモシロイのが良い。
一方で、ビジネス成功者の指南書のエッセンスを余すとこなく取り入れているところが秀逸だ。

自分のやり方を捨て、成功している人の真似をする。

というくだりがある。

これ、一見すると「成功している人の真似をする」というのが重要そうに思えるが、そうではない。

実は大事なのは「自分のやり方を捨てる」という部分。

これはなかなか出来ることでないない。

特に中途半端にキャリアを積んで、無駄な自信だけを身にまとっている場合が特に。

「自分で自由に出来る仕事をつくる」なんて話は、以前読んだ俣野さんの「100%楽しく働く1%のサラリーマン」の内容と通じる。
いや、むしろそのままだ。

そして、苦しいことでも乗り越えられるものは、その先にある自分をどれだけイメージ出来るか。
これにつきる。

例えばダイエットに成功した自分。

その姿を思い浮かべながら、いくつのメリットを上げることが出来るか。

それこそが成功のカギになる。

もちろん、ビジネスにおいても。だ。

研鑽は続く。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

【映画】るろうに剣心



アクションとしては名作。

が、それまで。

結局漫画を超える実写なんてほとんどない。

なのになぜみんなそれに挑むんだろう?

なぜ映像化したくなるんだろう?

例えば大好きな漫画、「SLAM DUNK」。

いくら予算をもらっても、実写化したいなんてボクは思わない。

でも、それをしたいと思う人がいて、それをみたいと思うひとがいる。

わからない。

原作を超えるものはホントない。

それな。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

お金を稼ぐ人が30代で「やったこと」「やめたこと」



断捨離をはじめ、ミニマムライフやシンプルライフなど、最近は「持たない生活」というものが流行っている。
そんななか、個人的にも「やりたいことを絞る」=「やめることを決める」というのはこれから一つのテーマになってくるのかなぁとぼんやり考え始めている。

まず、2015年は服を買うのをやめた。
近いうちに仕事は定形のジャケパンでローテーションを組めるようにしようと思ったのがきっかけで、私服については奥さんが選んでくれたジーンズとローファーだけが今年の新規アイテム。

ついつい安いからと言って買っていたファストファッションを辞め、この先は「捨てる」を基本に、Tシャツや靴下、下着などの消耗品を程よく持った上で、ある程度上質な上着やズボンを数少なく所持する方向にしていきたい。

その延長線にチョイスした本は、意外と面白い考え方が多かった。

まず、お金持ちになる日を決める、という考え方。
確かに、人生においての目標、そしてその中間地点を示すマイルストーンは必要だ。

そして、そこにたどり着くための思考として、まず、「成功者」との違いは唯一、「行動したか否か」があるとするなら、「すべての行動を投資に変える」のが重要になる。

今までの自分を変えない限り、未来は変わらない。
未来の自分は今の延長線上にしか存在しないのだから。

さて、運の良い人、とはどういうひとか?

それは「チャンスが多く巡ってくる人」であり、「そのチャンスをつかまえるための努力をしている」人だ。

今回、安いながらもようやくCM企画が通った。
これは一つのチャンスだ。
これをどう未来に活かすか、やっぱりそれが重要だろう。
繰り返しになるけど、未来の自分は今の延長線上にしか存在しないのだから。

毎月新しい自分を探し、「仕事」を「私事」として楽しむことが重要だ。

正直、最近ちょっと疲れが抜けてなくてバイタリティが低下している気がする。

お酒をやめ、食べ物を選び、充分な睡眠をとる。

もっと自分のコンディションを整えることが重要なんだと分かっていながらそれが出来ないのは自分の弱さだろう。
言い訳はいくらでも出来る。
でも、それでは未来は変わらない。
あくまでカラダが資本。
運動や食事でのメンテナンスはプロとして当然のことだと思わなくちゃ。

成功者はみんな朝型だと言う。

無理して早起きするというより、朝一からエンジン全開で働けるという意味だ。
例え早起きしても、パフォーマンスが低かったら意味はない。

口癖にも注意したい。

「でも…」「だって…」「どうせ…」

昔からマイナスな言葉は使わないようにしてきた。
それでも、最近忙しさに負けて無意識にそんなことを言っていないか?
もう一度自分を見つめなおす必要があるかもしれない。

街にあふれるデザインを常に取り込むクセを付けたい。
これは習慣化出来ることが理想だ。
日々の生活の中からでも、いくらだって学べる。
これが「行動を投資に変える」ということだ。

そして、会社の看板ではなく、個人としての仕事が出来るようになること。

◎◎社の▼▼です。ではなく、▼▼さんがいる◎◎社。

これが目指すべき姿。

東京でのビジネス拡大に挑戦したい。

自分より優れた人との仕事を通してこそ、自分の仕事も磨かれる。

などなど。

この筆者の話はすごく腑に落ちる。

また別の著書も読んでみたいものだ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

貧乏人が激怒するブラック日本の真実



情弱とは何か?

それは、「情報を得られない人」のことではない。

「得た情報を鵜呑みにする」「情報の裏を取らない」「情報の価値を見いだせない」

そんな「思考停止」している状態の人だ。とこの本は言う。


どんなに貴重な情報でも、活かせないと意味が無い。

本質を見抜く力を身につけること。


どんな社会を生き抜くにも、それにまさる力はない。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。