2016年02月01日

業務日誌〜2016.1月〜




1月は2016年の始動とともに、いろんなことが動き始めた一ヶ月だった。

まずは地元の映画のプロモーション案件からスタート。
かなり手作り感のある内容ながら、一つ実績を作れたことが大きかった。
さらなる拡散や周知など、課題は残るものの、今後につなげていきたい。

CM案件も順調に動いている。
こちらはコンテが4種完成。
引き続き撮影とコピーの手配を完了すれば、あとは編集を残すのみ。
4月のオンエアーに向け、余裕をもってクオリティの高いものに仕上げたい。

地元サッカーチームのプロモーションもかなり大きく動いた。
一つには、いままで挑戦してこなかったビジュアルを使ったポスターの制作。
もう一つはFacebookを利用した拡散記事の反響。
書くことを一つの武器に出来る可能性が生まれた。
開幕後は仕事を引き継いで、プロモーション部分だけに関わる状況つくりを急ぎたいところ。

Web動画の案件は大手企業の撮影、編集がスタート。
編集については以前いたテレビ製作会社と提携して進めていくことに。
今後は撮影部分から提携し、今後はプロデューサーポジションでより多くの案件を回していきたいところ。

また、東京のクライアントさんの紹介を含め、東京案件が安いながらも少しずつ増加。
これはまだまだ増えそうだし、そろそろ東京進出の地固めをしていきたい。

今後のVisionとして、出来る限り制作実務を外部に流し、自分は企画と制作管理進行に徹するイメージを強く持ちたい。
今年の目標の一つである、クリエイティブディレクターとしてのポジション、業務の確立だ。

そのためにも、志高く、優れた技術を持ったクリエイターとのコネクションが重要。
人脈は創ろうとしてもつくれない。
でも、それがないと立ち行かない。

そもそも、月のテーマに「親和」を掲げた1月。
東京での新しい仕事、あるいは新しいクライアントさんと知り合う取っ掛かりが出来たという意味ではそのテーマどおりに動いたのではないだろうか。

そして2月のテーマは「是正」。
古きをただし、新しいことを進めていく月にしたい。

成長曲線をさらに急角度に。

挑戦は続く。



posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。