2016年05月05日

業務日誌〜2016.4月〜




4月は低調だった3月に比べるとかなり浮上が見れた1ヶ月だったと思う。
主な低調の原因はCM動画の案件なのだけど、それもなんとなくの目処がついた。
それに加え、大手PCメーカーのソフトウエア告知動画を担当。
Webサイトのデザインと合わせて、ウチの会社で一括で担当させてもらえた。
これは驚くべき進歩だろう。

他にも飛び込みの案件が月末に次々と訪れて嬉しい悲鳴。

一方で、ちゃんと考えて対応しなくてはいけないと兜の緒を締めた部分もある。

特に安くて急ぎの案件は要注意だ。
すくなくとも、クライアントが求めるレベルのものを上げるには最低限の打合せ期間と制作期間は必要になる。
それを低予算で、「だいたいでいいから」というノリで受けても、良いことは無い。
結局クライアントが求めるレベルはそれよりどうしても上になり、修正、調整が必要になってしまうから。
そういう意味では、クライアントとしっかり直接打合せをして、納品までの道筋を立てること。
これはディレクションをしていく上では非常に重要なことだ。

これからも新規クライアントはどんどん開拓していく必要がある。
一方で、直接クライアントとやり取りできず、間に代理店が挟まった状態の2次受け、3次受けには十分注意していこう。

何はともあれ、4月はこの1年での大きな過渡期の1つであることは確か。
会社の決定、方向性、未来、展望。
いろんなものがここからいっきに動き出すハズ。

5月に入り、会社としても個人としても新しいステージへ。

今一度、気合を入れ直していこう。


posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

[映画]いねむり先生




何の気なしに見た映画。
しかしこれが良かった。

原作は伊集院静の自伝的小説。

雀聖と呼ばれた阿佐田哲也が出てきたことに興奮した。
しかも、その阿佐田哲也を演じているのが西田敏行さんだってのがまたすごく良い。

正直、雀聖、という豪放磊落なイメージをあそこまで優しく演じきれる役者さんは西田さん以外いないだろう。

ともすれば、勝新太郎とか、三國連太郎とか、そのあたりの雰囲気の方がハマる予感を見事にかき消す名演。

藤原竜也も良かった。
この人はギャンブルをやらせ、底辺を這わせたら右に出るものがいない。
底辺と言っても、下品でもなく、卑下しすぎることもなく、むしろどこか高貴に自分を保ちつつも破滅を目指すキャラクターは天下一品だ。

脇を固めた俳優も良かった。

特に谷原章介のさりげない昭和のイケメン感が素晴らしい。

いろいろと迷い、次の一歩が踏み出せないなら見る価値あり。

ほんと、久し振りにいい映画を見たなぁって印象。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

中田英寿 鼓動/小松 成美

中田英寿鼓動 [ 小松成美 ]
価格:781円(税込、送料無料)




自分が日本のサッカーに興味を持ち始めたのはごく最近だ。

ドーハの悲劇は、ニュースで聞いて、名前を知っていたレベル。
マイアミの軌跡も、ジョホールバルの歓喜もそう。

はじめてサッカー日本代表のゲームをちゃんとみたのは2002年の日韓ワールドカップ。
中田英寿の名前を知ったのもこのときだった。

その後のW杯、2006年はテレビで見た。
中田英寿が最終戦でピッチに倒れこみ、その後の引退を発表した流れは少なからず衝撃を受けた。

2010年は仕事の忙しさもあり、結果だけを知った。
2014年は見れる試合だけは見た。

2015年から、地元サッカーチームのWeb運営に関わるようになったこともあり、ようやくJリーグというものに興味をもった。

その程度の、ミーハーな日本代表サッカーファン程度の立ち位置では、知ることのの到底かなわない裏側。

中田英寿におこったその時代の悲劇と葛藤。

そのおおよそがこの本には書かれている。

読むと衝撃の連続だ。

きっと我々は、中田英寿を誤解している。

いや、本当の中田英寿を知らされてはいない。

マスコミが作り上げた虚像の中田英寿しか、見えないのが現代の仕組みだからだ。

サッカー云々にかかわらず、人の人生を蝕むという意味でのマスコミのあり方を思わずにはいられない、慟哭の1冊。

今更とは言え、出会えてよかった本の一つ。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

青の肖像/小松 成美




サッカー日本代表を追ったルポルタージュ。

残念ながら、中田英寿の鼓動よりはるかに面白くない。

期待はずれ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

[映画]瞬 またたき

瞬 またたき [ 北川景子 ]
価格:2052円(税込、送料無料)




恋人の事故死の真相を追う、回顧系ラブ・ストーリー。

全体的に悪くはない。

が、途中から明らかに泣かそうとしてくる演出にちょっと胸焼け気味。

特に真相シーンは重い。
おもすぎる。

小説活字ならそこはありだろうけど、映像化しちゃダメでしょ。

結局北川景子は救われたのかどうなのか…

星2つです。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学




昔けっこう話題になった本ってことで、期待して読んだけど、まぁ、別に。って感じ。

ようは考え方なんだけどね、それをどう学ぶかってことが大切で、そこからどうするかってのももっと大事で。

著者は不動産で一財産を築いたよう。

そのやり方はいろいろ具体的に書いてる。

でも、じゃあ、その方法論がいますぐに使えるかというとそうでもない。

いろんなものが変化していくなかで、絶対のものなんてない。

大事なのは自分がこの先どう生きるか。

もう、本当にそれだけなのだ。
posted by Andy★ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

Origin regression 001 復活への第一歩




5月24日(火)ABBANDONO

ひさびさの久々。
実に3年ぶりくらいのバスケ参加。

もうね、カラダなんて全く動かないんですね。
ワロタ。

3年という月日の長さを染み染みと感じずにはいられない…

さて、この日は全部で4試合。

第一ゲームはムリせず様子見。
ほとんどパスに徹する感じでシュートもあまり打たず。
なんとなく掴んだ感じの後半部分から少しエンジンをかけてみる。

第二ゲームはあえて3Pを含めたシュートを連発。
しかしまぁ、微妙なズレなんだけどなかなか入らない。
上半身と下半身が連動せず、シュートフォームもバラバラ。
ちなみに、ジャンプショットはすべてエアレベル。
もうお話になりませんでした。

第三ゲームはバランスを見つつ、パスをベースに狙えるところだけ狙うイメージ。
3Pが一本入ってちょっとホッとした。
取り戻すまでにはまだまだかかりそうだけど、まずは少しでも手応えが欲しい。

第四ゲームはもうヘロヘロでお話にならず。
飛べない、止まれない、走れない…もう、極端に言えば動けない。
ありえない。

なんだかんだで自分を甘やかして太り続けたこの3年間。
ちょっと本気で反省。
マジでガチで本気を出してカラダを絞ろうと思う。

まずは炭水化物を意識して減らし、バスケ以外にもランなどの運動を取り入れよう。
3年前ですら全盛期まで戻すことはできなかった。
まぁ、当たり前だけど。

ここからはまずは3年前のコンディションくらいには戻していきたい。

気合だ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

2016年1〜3月期ドラマレビュー/ちょっと面白さ浮上。だけど、まだまだ。




いつかこの恋を思い出してきっとないてしまう

もう、ただただひたすら寂しさと悲しさを詰め合わせたドラマ。
面白いポイントはない。
傷つけあう様がひどい。
全然おもしろくないと思ってたけど、20代の若者たちの間では高評価なのだとか。
ジェネレーションギャップか…


はぶらし/女友だち

ちょっとヒクくらいに恐ろしい日常心理サスペンス、といったところか。
なかなかおもしろかった。





フラジャイル

長瀬智也がはまり役。
他の医師たちをバシバシ斬りまくる様が痛快。
けっこう楽しみに見てた。





スペシャリスト

このクールのドラマの中ではダントツナンバーワン。
特に脚本がいい。
これまではスペシャルドラマで2時間枠とかだけだったから、練る時間もあっただろうけど、
そのクオリティを落とすことなくドラマとして成立させた手腕がスゴい。
圧倒的名作。


ナオミとカナコ DVD-BOX [ 広末涼子 ]
価格:15800円(税込、送料無料)




ナオミとカナコ

これはもう、高畑さんの演技力に尽きる。
ストーリーも原作ものだけあってけっこう良かった。
広末涼子が罪を犯すモチベーションだけは弱すぎると思うけど。





わたしを離さないで

ちょっと期待はずれ感が大きかった作品。
あんまりキャストも生きてないと思うんだけど…
テーマが重すぎて素直に入っていけなかった。

怪盗 山猫Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ (ドラマ) ]
価格:17820円(税込、送料無料)




怪盗 山猫

期待していたよりはるかに良かった作品。
これまで暗い役ばかりしていた亀梨くんが活き活き演じてたのが良かった。
はまり役見つかったんじゃない?
ストーリー展開や落ちには賛否両論あるところだけど、全体的に楽しめた。



家族ノカタチ Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 香取慎吾 ]
価格:19440円(税込、送料無料)




家族ノカタチ

これも回が進むにつれて面白くなっていった作品。
上野樹里は問題ないが、香取慎吾はどうかと思っていた。
結果としてはなかなか良かった。
最大の味は西田さん。
どうも体調不良らしいけど、大丈夫だろうか?



このクールについては、前回よりは全体的に面白いと思える作品が増えた印象。
とは言え、まだまだ全然。
もちろん、ドハマりするようなドラマなんてそうそう出会えるものではないんだけど、
こうしてみると最近はホントいまいちな作品が多いなぁと。

現在放送中のドラマは比較的面白いものが多い気がしてる。
今後に期待です。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

Origin regression 002 ボロボロのカラダ…




5月27日(金)ABBANDODNO

復帰2日目のバスケ。
前回よりさらにカラダのキレは鈍く、走れず、飛べず、ボールが取れないというひどい状況。
気力、体力、筋力、どれもがボロボロ。
これは取り戻すのにかなり時間が掛かりそう。

まずは体力だけでも少しずつ戻していくことにしよう。
基礎的な走力に加え、ダッシュを何本続けて出来るかというのがかなりの課題。

その次が体幹を含めた筋トレ。
ジャンプショットが全部流れるし、スティール行けると思っても一歩届かずで残念なカラダを作り直す。

しばらくはシュートはあきらめよう。

まずはパスとラン。

焦らず、たゆまず…

と自分に言い聞かせる屈辱のバスケ2日目でした。

諦めない。

ここからが勝負だ!

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

【映画】海街Diary




是枝監督らしい、優しい人間ドラマ。
鎌倉の空気感とかすごくイイ。

しかしキャストが豪華。
これでもかってくらいの目白押し。
スゴい。

ストーリーそのものは大した展開もなく、それぞれの心の機微にそってゆっくり展開していく。
見ていて心地よいと思う一方、退屈で間延びするところも。
これは圧倒的に好みが別れる作品なのだと思う。

日本映画らしいといえばそうかな。

悪くは無かった。

ただ、印象に残る映画ではないので、半年後にはどんな映画だったか忘れてそう。
そんなところかな。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。