2012年04月28日

Take back the glory days 005 帰ってきたジャンプショット。



4月24日(火)ABBANDONO@高円寺体育館

最近、マガジンで連載中のバスケ漫画、「あひるの空」が熱い。

スラムダンクとはまた違ったリアリティの追求。

コート上の空気感やひりつくような緊張感が胸を突く。

今後の展開が楽しみ★


さて、順調にカラダのキレを取り戻しつつあるバスケ。

アバンでもなりふり構わず限界越えの動きで絞り込んでいる。

あんまりやりすぎても迷惑と言うか場違いなのもわかってるんだが、
カラダを取り戻すためにも、とりあえず4月中はわがままにやろうと勝手に決めている。

この日はチームバランス的にもゴリゴリ点を取りに行かないと全く勝てる感じがなく、
それはさすがにイヤだったので、お尻の筋肉がツルまで走り続けてみた。
もちろん、必死で点を取りにいった。

すると、不思議なことに3試合目あたりからミドルショットが無心で打てるように。
こういうシュートは入るんだな。

お帰り、ジャンプショットのシュートフォーム。

やはり大事なのは集中力なんだね。
微妙なズレは頭で考えても修正できない。
ようはどれだけ集中した一本が打てるかどうか。
まさにひりつくような緊張感の中での一本が大事だってこと。

さて、だいぶ動きとシュートが戻ってきたので、来週頭の3連発バスケで最後の仕上げ。
5月からはまたいつものプレースタイルに戻すことにしよう。
もちろん、集中力の確保は重要な課題のままだけど。

短期決戦でカラダを作ろうとすると、筋肉のどこかにムリが出る。
今も左足の太ももが痛い。
軸足だからツライ。
走れないってことはないけど、飛んだり、シュートを打つときにピキッてなる。
ま、筋肉そのものも減ってるから、余計にきついんだろうけどね。

今後、バスケをどこまで連続で参加できるかはまだ未定だけど、
とりあえず走れるところまでは走り続けてみるかな。

もうちょっと、シュートは入るようになると思ってる。

たぶんね。





posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BasketBall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。