2015年10月08日

業務日誌〜2015.9月〜




9月の動画案件の重なり具合はホントになかなかのものだった。

とは言え、動画制作事業の立ち上げと動画制作事業部の設立はこの会社に入って以来の一つの目標でもあったから、それが実現出来たという意味では非常に大きな一歩だと思う。

特に、今回作成した各種動画は、営業にも使って良いとのお墨付きをもらったもの。

この動画をきっかけに、さらに事業を拡大していければ良いな、


今や、動画はとても簡単に作れる時代になった。

iPhoneで撮影して手軽に編集、YouTubeやアプリを使えば誰もが作品を世界中に公開出来る。

だからと言って、動画のクオリティがそのままイコールで上がるというワケではない。

やはり動画は総合芸術であり、各ジャンルのプロフェッショナルが集まることでより高い次元の作品が作れるのだ。

そういう意味では、よりプロと素人の差は明確になってくるだろう。

もちろん、プロでなくてもそれなりのスキル、あるいはそれを超えたレベルのテクニックを持つ人もいる。

ただ、それは編集ソフトを使いこなせる、という次元の一番上だ。

ただ、人からスゴいと言われるものでしかないなら、それはあくまで作者の自己満足であり、「プロ」の仕事ではない。

そこに「演出」があって初めて「動画」は「作品」になり、クライアントに感謝されてこその「商品」なのだと思っている。



以前読んだ本に、0.2%増しの努力。という言葉があった。

それはある意味「こだわり」とも言えるべきものかもしれない。

ナレーションのタイミングをあと1秒早くしたり、テロップにつく効果音を選択したり。

聴き比べたり、見比べたりシないかぎりわからないくらいの微差。

それにどこまでこだわれるか、が、0.2%の努力なのだろう。

そして、日々0.2%の成長は、一年365日で2倍の成長率になるのだという。

1枚の紙は計算上ではたった44回折るだけで富士山に届くという。

日々の積み重ねの重要さをあらためて感じるところだ。


さてさて、9月の目標だった「来期への展開」についてはそれなりに種が撒けたと思う。

ここからはより具体的に前に進めていこう。

10月のテーマは「営業」。

FacebookとTwitterを利用して、新規案件の獲得、特に東京方面でのProjectを取って行きたいところ。

オフィスも引っ越すし、いよいよ第二ステージのスタートだ。


posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。