2015年10月26日

読解力を劇的に伸ばす大人の「思考ノート」のつくり方



思考をするのは好きなのだけど、それをノートに落とし込み、そこから更にアイディアとして活用していくという発想はなかった。

もちろん、これまでにもノートに思考を書き記したり、手帳に感想などをメモることはやっている。

だが、本書のススメはそこからさらに一段掘り下げたもので、思考したノートを後日見返していろいろ追記していこうとするもの。

アイディアを情報として一元管理し、それを更に濃縮還元していく発想だ。

オモシロイ。

読書メモを始めたのもこの本の影響。

筆者は本にそのままメモを書き込み、本自体をノート化するんだとか。

さすがに図書館の本にそれをするわけにはいかないので、本の裏側に付箋を貼り付けた。

これで寝っ転がりながら本を読んでも、必要なときに思考をメモ出来る。

これはなかなか良い方法だ。


もっともっと思考の純度を高めていきたい。

知識を得ること。

思考を濃縮すること。

それを自分の見解にかえること。

まだまだ思考は進化できる。


posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。