2016年01月04日

2016年のはじめに。




明けましておめでとうございます。
2016年の始まり。
毎年恒例の新年Blogからスタート。

さて、2015年は非常に多くの展開があった年となりました。

1月には現在の動画制作案件の基盤となる業務がスタート。
動画制作事業部を立ち上げることは、入社以来の一つの目標だったので、その一歩を踏み出すことが出来た。

2月はそれ以外にも小さい案件が雨あられと続く。
反省としては、どれも仕事としてこなしてしまったこと。
もう一歩でも二歩でもいいものをつくろうと前のめりにやるべきだった。

3月に入り、いきなり立ち上がった東京進出計画。
もともとぼんやりと、「地元に席を置いたまま、もう一度東京に挑戦したい」という願望があったのがベース。
東京での動画案件の成功から、そのProjectが急に現実味を帯びた。
また、この月から地元サッカーチームのプロモーション進行ディレクターを担当。
なれない業務とは言え、なかなかおもしろい経験となる。

4月。
前年から進行していた育毛剤のプロモーション案件が頓挫。
これは正直悔しかった。
でもまぁ、まだまだ実力不足だと割り切り、いつかプロモーション案件の達成を心に誓う。

5月。
市のプロモーション動画という大きな案件に参加。
これはかなりいい勉強になった。
同時に地元サッカーチームのプロモーション活動も忙しくなる。

6月。
動画制作でのベンチャージョインが始動。
映像制作事業部としての骨格を整えるべく奮闘が始まる。
市の動画プロモーション案件は、アイディア自体は悪くなかったと思いつつも、キャスティングでボロボロに。
これは次回の糧となる良い失敗だったと思っている。
自分に足りない能力をどう補うか。
それも、大事なプロデューサーの能力だと思った。

7月。
市のプロモーション動画のコンペに敗れる。
正直、まだまだプレゼン力が足りないと痛感。
もちろん、経験値が足りないのは大前提で。

8月。
地元サッカーチームの動きが激しくなる。
Designの良し悪しの判断が出来ないままに提出することの怖さを知る。
自分に足りないものをどう補うか。
動画とWebと紙は違う。
まずはそれを知るところから。
大きな案件として、パチンコのCMコンペに誘われる。
これも出したアイディアは良かったと思うのだけど・・・クライアントの好み以外に手間で弾かれると流石におもしろくない。
本来は東京進出を・・・と言っていた時期だけど、地元業務の拡大と忙しさのため延期に。

9月。
パチンコCM案件は最終プレゼンでアウト。
もう、正直最後はちょっと情熱を失っていた。
今回もネックはキャスティング。
これは今後もついてまわる課題だと思う。
キャスティング会社そのものを数社使えるようにしておいたほうがよいかも。

10月。
オフィスを引っ越して心機一転。
ここからますます上昇気流に乗って行きたいところ。
映像事業はランディングページを立ち上げ、いよいよ本格始動といった感じに。
地元サッカーチームの案件もかなり忙しくなってきた。
〆切を含めギリギリの綱渡りが続く。
新春福袋の企画提案は即時撤退。
なかなか難しいものだなぁ。

11月。
映画のプロモーション案件と男性用化粧品のCM案件が舞い込む。
プロモーションもCMもぜったいリベンジしたいと思っていた案件。
これは気合が入る。
一方で、地元の業務については少しずつ引継ぎが進む。
東京進出。
その火がまだ燻っている。

12月。
デザイン提出で炎上。
これは参った。
と、同時にいろいろと勉強になる。
一つの制作物をつくるときのチーム編成は大事。
特に初めて仕事をするデザイナーさんの場合など、アートディレクターを入れることで解決したい。
自分には企画提案、制作進行の能力はある。
アート部分は人に見てもらい、全体を束ねるクリエイティブ・ディレクターを目指せばいい。
来年以降の目標が決まった。
ピンチもただでは起き上がらない。
すべては糧になる。

と、いったところで2015年の総括。
動画制作事業を立ち上げることが出来たのが最大の功績。
ここからは順次実績を増やしていきたい。
ポスターやWebについては、「自分がわからないものが分かった」状態。
自分にない能力は他人で補いつつ、また勉強を重ねていく。
そして、CMやプロモーション企画など、新しい分野に進めたことも良かった。
この分野も今後は拡大出来るようにしていきたい。

さらに、去年の年始Blogからの引用。

>細かい部分で言うなら、2015年は上記のことをふまえつつ、まずは収入の倍増。

これについては小さな一歩だけど達成。
もちろん、ぜんぜん満足していない。
もっともっと、会社も拡大させたいし、自分の収入も増やしていきたい。

>続いては、執筆の方では時間をかけてストーリーの構想を練る。

これはぼんやりと構想までは出来てきたけど、まだまだ書くだけの余裕はない状況。
2016年はこの構想をプロットに落とすところまでは進めたい感じ。
また本も読まなくちゃ。

>最後に、モノは買うより捨てる。
>身の回りをシンプルに整え、本当に必要なものだけで贅沢に暮らす方法を模索したい。
>断捨離の徹底はもちろん、「投資」と呼べる買い物だけをすることで、身につけるモノの質を少しずつ上げていきたいと思う。

これはある程度できたと思う。
私服は靴下以外は買ってない。(妻からのプレゼントは別)
また、年末に断捨離、年明けにジャケットと細身のパンツを2着購入した。
2016年はもうジーンズで会社に行くのはやめる。
少しずつ、ジャケパン制服化計画を進行中。
2016年中には完成させたいところ。

>仕事以外でいくと、大事なのはプライベートの充実。
>そういうところで、今年は嫁さんと二人での目標も設定してみた。
>海外、国内旅行と定期的な運動。
>そして映画を見に行くこと。

映画と国内旅行には行けたけど、海外は厳しかった。
もちろん、スケジュールは自分で作らないと実現しない。
海外旅行、2016年こそ実現したい。
定期的な運動は、ジムに入会することでなんとか達成。
2016年はスポーツを取り込みたいところ。
テニス、ゴルフ、バスケ。このあたりかな。
サーフィン、スノボの復帰はさすがにもうちょい先か…

2016年の追加目標として。

まずはクリエイティブ・ディレクターを目指すこと。
自分に足りない能力をかき集めて、どんな案件でも仕上げられるようになる。
プロデューサーとも言う。

賞レースへの参加も試したい。
会社そのものの価値を高めること。
これは今後の必須業務になる。

新しいクライアントの開拓。
現在、大きな意味での営業が社長しかいないのはもったいない。
プレイングマネージャーとして、新規開拓を目指したい。

新しいWebサービスのローンチ。
これは常に目指していることの1つ。
実現まであと一歩。

そしてなにより、東京進出。
きっと会社拡大の基盤になる。

と、いったところで、日々気がつかないことでも、一年を振り返るとやっぱりちゃんと前に進んでいる。

今年も、また一歩一歩。
目標に向けて突き進んでいこう。

守破離という考え方がある。

2014年は守。
初めての業界で、その基礎を見て学んだ。

2015年は破。
その基礎の上に、動画制作事業という自分の色を足すことが出来た。

2016年はいよいよ離。
既存の業務とは別に、あらたに自分が業務を創りだすこと。

今年のテーマは「我武者羅」。
何事もガムシャラに、一生懸命挑んでいきたい。



posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。