2016年02月13日

職業、ブックライター。/上坂徹

職業、ブックライター。 [ 上阪徹 ]

職業、ブックライター。 [ 上阪徹 ]
価格:1,620円(税込、送料込)



最近、この著者の本をよく読んでいる。
読みやすい、というのもそうだけど、ライティングについての考え方が自分に近く、非常に共感しやすいというのが大きい。

この本では、ブックライターという職業を作り出し、説明している。

著名人にインタビューをして、その人の本を書く仕事。
ともすれば、ゴーストライターと勘違いされかねないが、そうではない。
代筆、となりすまし、とは違うからだ。

これはすごく理にかなったシステムだと思う。
テキストを書く、というのは簡単なようで案外難しい。

書くだけ、なら誰にでも出来る。

でも、それを「商品」にまで昇華するには、やはりある一定以上のスキルが必要なのだ。
それをプロ、つまり職業ブックライターという言葉にしている。

書く、という行為は絵画や音楽に近い自己表現の一つだと思う。
その人の書いた文章に対する好き嫌いがあるのはそのためだろう。
好きな画。
好きな音楽。
好きな文。

そういう意味で、この著者の文はすごく心地よい。

ポエムや小説とはまた別の、ある種の芸術性とは違うレベルのプロの文章。

書いて生きていく、とはそういうことだ。


posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Reviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。