2016年12月03日

務日誌〜2016.11月〜




11月は怒濤の月になった。

東京で受注したクリエイティブディレクションの案件が制作の佳境を迎えたからだ。
Webサイトを制作し、そこに動画を埋め込み、さらにパンフレットを制作した。
しっかりとしたコンセプトデザインから絡めた案件だった。
出来栄えには少なからず満足している。

この仕事に限らず、11月は動画を中心に多くの発注を頂けた。
ありがたい限りだ。

その中で、まだまだ自分が未熟な部分、苦手な部分、努力が必要な部分も見えてきた。
伸びしろはある。
もっとたくさんのクリエイティブを生み出していきたい。
いまはただその欲求だけで動いている。

11月のテーマは「変化」だったけど、そのあたりはかなり明確にできている気がする。
何より、変わったのは自分だ。

さて、いよいよ12月。

1年の集大成として、そして2017年への基礎固めとして、あと一ヶ月を駆け抜けていこう。

拡大、拡張。

ここからが勝負だ。


posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

業務日誌〜2016.10月〜




怒涛とよぶにふさわしかったのが10月。
かねてからのコンペ案件が次々と成立し、てんやわんやの一ヶ月だった。

とは言え、最後の最後で成立せずに消えていった案件も多い。

このあたりはもっと上手く立ち回ることが出来ただろうか?
あるいは、元々縁がなかったと割り切って、新しい展開を模索するべきだろうか?

いろいろ考えてみたけど、答えはない。

結局のところ、今に全力を注ぐしか方法はないのだ。

東京進出から半年。
まずまずの成果が見えてきたのが10月。

それと共に、いろいろと考えなくちゃならないことは多い。

北九州、博多の事務所との連携。
案件受発注のシステム統一。
ルーティーンワークのシステム化。
発注案件の細部の統一。

これからもっともっと会社を大きくしていきたいと思うのなら、新しい事業の立ち上げについてもチカラを注いでいく必要があるだろう。

映像制作事業についてはなんとなくカタチになりつつある。

今後自分が目指すべきは、もっと総合的なクリエイティブの制作。
動画を中心として、Webサイトやパンフ、ポスターなどを一括してコンセプトデザインしていく手法。

まずはそこを目指して、いろいろと準備をしていこう。

道は、まだまだここから開ける。

そういう意味では、10月のテーマの「回顧」はしっくり来ているのか。
あまりにフルスピードで走り続けてきたから気が付かなかったけど、いつの間にか必要事項を回顧してるのだから。

さて、11月のテーマは、「変化」。

どう変わっていくのか、自分でも楽しみだ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

業務日誌〜2016.9月〜




9月のテーマは「進化」。
その割には前半戦はあまりに仕事がなくて本気で焦った。
個人でやる、起業する、というのはそうしたリスクが常にあるということ。
請負の仕事だけではだめだ。
早く新しいサービスを生み出さなくちゃ。

そんなこんなで前半戦は人に会うことを重視した営業期間に。
ミナトワークスからの派生もあり、いろいろと話を聞くことが出来た。
まだビジネス直結とはいえなくとも、ゆくゆくその方向に育つ可能性のある話もあったりで、非常に満足。

後半は一転。
いろんなところからの発注が溢れ出した期間に。
ありがたい。

また、自社で行う新規サービスについても具体的に動かすことが出来たので、ここからが楽しみ。
進化、というにはまだまだかもしれないけど、その兆しとなるような一ヶ月には出来たと思う。

さて、10月のテーマは回顧。
足元を見つめつつ、いままで来た道を振り返るのにはちょうどいい時期かもしれない。

東京進出も5ヶ月目。
ますますここから伸ばしていく。
そのための地固め的な月にしよう。

そしていよいよ今年もあと3ヶ月。
きっと長いようで短い。
まだまだ達成出来てないことばかりだけど、きっとどこかで成せると信じて。

さ、次に行こう。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

業務日誌〜2016.8月〜




8月は「挑戦」をテーマに動いてきた。
まずはフリーランスのネットワーク、ミナトワークスを軌道に乗せることが大きな目標。
そこから派生したプロジェクトについては、まだまだいきなりお金になるということはないけれど、しっかり準備して続けていきたい。
きっといつか大きな花を咲かせてくれるハズだと信じている。

一方で、本業の方が納品ラッシュを迎えた。
これは嬉しいことなんだけど、一方で次の業務を確立させていないと売上がなくなってしまう。
これはシビアな問題だ。

一番強い営業って結局のところ「人に会う」ことに尽きるというのを実感したのが7月。
友人からの紹介を含め、いろいろとそのあたりも動いてみた。
デザイナーやライターといったフリーランス側はそれなりの繋がりを見せ始めたので悪くない。
今後大事になるのは定期的なクライアントとなる発注上流のほう。

自社サービスでお金を生み出していない以上、そこはしっかりと開拓していく必要がある。

9月のテーマは[進化]。

そういう意味では、もう一段階上の営業、上のつながりを作っていく必要がありそうだ。

まずはその立ち位置に行くこと。

いろいろと動いてみよう。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

業務日誌〜2016.7月〜




7月のテーマは[飛翔]
圧倒的な動きではあったけど、それなりに準備することが出来たと思う。

まずはWebを使ってクリエイター同士のつながりをつくる「ミナトワークス」をリリース。
これは前々からちょこちょこお仕事をさせて頂いていたブロガーのかみじょーさんとの共同企画。
第一回のクリエイター交流会も月末に開催出来たし、そこからの繋がりで新しい仕事が生まれる予感もありつつ。
初回とての手応えは上々で、あとはこれを継続的に続けながら、実際の業務に活かしていきたいところ。

また、ツイッターとFacebookの使い方についても一考したのが7月。
多少古いが、ツイッターやFacebookが流行りだした頃の書籍を読み漁り、当時の期待感と今とのギャップを探る一方で、どうすれば最適化したビジネス利用が出来るかを模索。

結論としてはFacebookはあくまで知り合いとつながっているものであり、そこでの告知広告はどんな仕事をしているのか「知っておいてもらう」程度のもので十分。
何か案件が発生したときに思い出してもらえたらそれでよく、無理やり仕事に特化する必要はないということ。

逆にツイッターは広く浅くつながりを広げる場所であるべきで、そこから発生するコネクションをリアルな仕事に落とし込んでいくためのWebサービスを展開する場所として機能させることが重要になりそう。
そういう意味ではツイッターの方が幅広いジャンルの情報拡散を意識するべきかも。

何より、一番強い営業って結局のところ「人に会う」ことに尽きるというのが7月の実感。
クリエイター交流会で少し話すだけで、思いがけないビジネスのアイディアが出たりするのは面白かった。
あれはWeb上で表面的な情報をやりとりしているだけでは絶対に得られないものだと思う。

さて、8月のテーマは「挑戦」。

これまでいろいろと準備してきたベースを武器に、まずはビジネスの創出を第一に考えて動いていきたい。
はっきり言ってしまえば、新しいクライアント、新しいサービス、新しいプロジェクトでお金を生み出すこと。

今年も残すところあと5ヶ月。

コツコツ目標を達成して積み上げた先に、目指すものがある。

大きな夢も分解すれば一つ一つは単なるタスク。

ここからが大事。

気合い入れ直していこう。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

業務日誌〜2016.6月〜




誕生日を迎えた6月。
東京オフィスの展開も本格的に始まり、この月のテーマには「創造」を据えていた。
7月1日のリリースにむけ、フリーランスクリエイターのソーシャルサービスとして「ミナトワークス」の立ち上げに参加することに。
どこまで育てることが出来るのか、とても楽しみな企画だ。

それ以外では、某有名飲料メーカーのFacebook告知動画を制作しつつ、新しい動画案件の準備をしつつと行った感じで、ぼちぼちの忙しさのなか過ぎていった感じ。

もちろん、もっといろんなところに営業をかけて、単発でも案件をどんどん獲得していくことも重要だと思う。
一方で、やっぱり東京オフィスだからこそできること、と言うものには注力していきたい。
何のためにここにいるのか。

単純に会社を大きくするために必要なのは目の前の仕事だが、本当に重要なのは未来につながるサービスだ。

そのためにも、もっと行動力と思考力と人脈と…いろいろなものが必要になる。

SNSでの発信の仕方も、あらためて見つめなおしてみても良いのかもしれない。

例えばTwitterは、いまは単にFacebookやこのブログとのリンク告知にしか機能していないが、もっと上手く宣伝効果をもたせた投稿が出来るのではないか?
単に数が多いだけのフォロワーではなく、本気で繋がりたい、繋がる必要がある人の接点としての利用の仕方があるのではないだろうか?
例えば堀江貴文氏や、家入一真氏、糸井重里氏のような人とのコネクションはTwitterを介す以外に入り口は無さそうだ。

また、Facebookについては完全に「知人」のみへの公開として割り切っているが、ブログについても再考の価値はあるように思う。
いま書いているこんな感想文のみのブログではなく、あくまで読ませるための、ある種コラムとしてのブログという線も探っていくべきかもしれない。

と言ったところで、6月は戦略構想、未来構想、現状分析などいろんな視野からの「創造」が出来たような気がする。

さて、7月のテーマは「飛翔」。

この創造の先に、どこまで飛び立てるのか、自分でも楽しみだ。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

業務日誌〜2016.5月〜




5月は大きな転換の月になった。
まず、仕事の軸足が福岡から東京へとシフト。
抱える案件もほとんどが東京へ。
そうなると見えてくるのは東京進出。
1年越しに目標にしていた部分だ。
5月のウチはまだオフィスの整理や機器の搬入、搬出がほどんどだったが、ここからいろいろ展開していくのかと思うとワクワクする。

案件としては、けっこう早く終る予定のものが長々と残り、ゾンビ化していたものが次々とフィニッシュを迎えた。
CM企画、ディケア動画、有田焼PVのバージョン違い動画、アニメーションコーディングなど。
それ自体は良かったのだが、ゾンビ化案件はクライアントとの関係性も微妙になることが多いからホント気をつけなくてはダメ。
やはりきっちり打ち合せをして、クライアントの欲しがるものを欲しがるタイミングで提出すること。
いい仕事とはまずはそこからだということ。

さて、いよいよ6月からは新章スタート。
まずは新しい仕事をどんどん創造していくことから始まる。

企画の種はいろいろある。
新しいクライアントも増やしていきたい。

いろんな仕事が自分次第で変化していく。
そんな未来にワクワクする。

新しい自分に出会う旅。
仕事とは、人生とは、そういうことなんだと思っている。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

業務日誌〜2016.4月〜




4月は低調だった3月に比べるとかなり浮上が見れた1ヶ月だったと思う。
主な低調の原因はCM動画の案件なのだけど、それもなんとなくの目処がついた。
それに加え、大手PCメーカーのソフトウエア告知動画を担当。
Webサイトのデザインと合わせて、ウチの会社で一括で担当させてもらえた。
これは驚くべき進歩だろう。

他にも飛び込みの案件が月末に次々と訪れて嬉しい悲鳴。

一方で、ちゃんと考えて対応しなくてはいけないと兜の緒を締めた部分もある。

特に安くて急ぎの案件は要注意だ。
すくなくとも、クライアントが求めるレベルのものを上げるには最低限の打合せ期間と制作期間は必要になる。
それを低予算で、「だいたいでいいから」というノリで受けても、良いことは無い。
結局クライアントが求めるレベルはそれよりどうしても上になり、修正、調整が必要になってしまうから。
そういう意味では、クライアントとしっかり直接打合せをして、納品までの道筋を立てること。
これはディレクションをしていく上では非常に重要なことだ。

これからも新規クライアントはどんどん開拓していく必要がある。
一方で、直接クライアントとやり取りできず、間に代理店が挟まった状態の2次受け、3次受けには十分注意していこう。

何はともあれ、4月はこの1年での大きな過渡期の1つであることは確か。
会社の決定、方向性、未来、展望。
いろんなものがここからいっきに動き出すハズ。

5月に入り、会社としても個人としても新しいステージへ。

今一度、気合を入れ直していこう。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

業務日誌〜2016.3月〜

タグホイヤー TAGHEUER カレラ メンズ CV201AJ.FC6357

タグホイヤー TAGHEUER カレラ メンズ CV201AJ.FC6357
価格:309,096円(税込、送料別)



この3月はなんというか、ものすごく絶不調な感じがあった。
CM案件がうまくいかず、停滞してしまった部分がかなり大きいと思うが、それでも自分自身の中で何かしら前に進めない停滞感を感じる月だったと思う。

振り返ってみると、東京クライアントの大きな案件が2つも動き始めたりで大きな収穫もあったハズなんだけど。

一つには、ちょっと目の前の仕事を流してしまった部分が大きいのかもしれない。
制作管理だけしようとするとどうしても熱が入らない。
そんな印象だろうか。

やっぱりどこかでクリエイターでいたいのだ。

そうは言っても、これからは大きな案件を出来るだけ多く回していく必要がある。
もうすこしビジネスに対して取り組む姿勢を見つめなおした方が良いのかもしれない。

こうした低調を救ってくれたのは本だった。

やはり出会うべき本はそのタイミングで出会う。
そういうことなのだ。

いつのまにか足元だけみていたりすると停滞を呼ぶ。
もっと視野を広く、視点を高く、前を向いて進む。
それが重要なのだろうな。

さて、抱えている案件の8割以上が東京クライアントになってきた。
まだまだ伸ばせると思ってる。

まずは、次のステージへ。

一歩ずつでも、進んでいくのだ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

業務日誌〜2016.2月〜



2月の終了。
かなり内容の濃い1ヶ月だったような気がする。

まずは映画のプロモーション案件がある程度の評価をいただきつつ終了。
ウチとしても初めての案件だったので、上手くいって良かった。
社を上げて取り組めたところもポイントだと思う。

新卒採用動画案件も無事に納品完了。
かなりドキュメンタリー色の強い作品に仕上げることができ、評判も上々。
大きなグループの1企業の案件だったので、これがまた次回に繋がると良いな。

CM制作の方もいよいよ大詰め。
ここからは編集、納品とラストスパートに入る。
できるだけ良いものを。
予算とは関係なく、次につながる評価を。
そこがポイントになりそう。

その他の細かい案件も含め、ずいぶん地元の案件引き継ぎも進んできた。

今月は「是正」をテーマにしていたけど、大きな価値観の是正が行われたことが収穫。
新卒動画案件など、どれなりに大きな予算を動かしているつもりだったけど、他の代理店からみたら半分以下。
ヘタしたら一桁くらい違う。
でも、その予算に劣る仕事をしたとは思っていない。
今はまだ、値段を安くしないと仕事を取れない無名の厳しさはある。
でも、きっとこのまま実績を積んでいけば、そのうち名前で仕事が取れるようになるはず。
そうなれば、予算規模だって倍、10倍もあり得るハズ。

現状で満足しかけていた自分の価値観の是正。

3月からは、もっともっと、攻めるぞ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

業務日誌〜2016.1月〜




1月は2016年の始動とともに、いろんなことが動き始めた一ヶ月だった。

まずは地元の映画のプロモーション案件からスタート。
かなり手作り感のある内容ながら、一つ実績を作れたことが大きかった。
さらなる拡散や周知など、課題は残るものの、今後につなげていきたい。

CM案件も順調に動いている。
こちらはコンテが4種完成。
引き続き撮影とコピーの手配を完了すれば、あとは編集を残すのみ。
4月のオンエアーに向け、余裕をもってクオリティの高いものに仕上げたい。

地元サッカーチームのプロモーションもかなり大きく動いた。
一つには、いままで挑戦してこなかったビジュアルを使ったポスターの制作。
もう一つはFacebookを利用した拡散記事の反響。
書くことを一つの武器に出来る可能性が生まれた。
開幕後は仕事を引き継いで、プロモーション部分だけに関わる状況つくりを急ぎたいところ。

Web動画の案件は大手企業の撮影、編集がスタート。
編集については以前いたテレビ製作会社と提携して進めていくことに。
今後は撮影部分から提携し、今後はプロデューサーポジションでより多くの案件を回していきたいところ。

また、東京のクライアントさんの紹介を含め、東京案件が安いながらも少しずつ増加。
これはまだまだ増えそうだし、そろそろ東京進出の地固めをしていきたい。

今後のVisionとして、出来る限り制作実務を外部に流し、自分は企画と制作管理進行に徹するイメージを強く持ちたい。
今年の目標の一つである、クリエイティブディレクターとしてのポジション、業務の確立だ。

そのためにも、志高く、優れた技術を持ったクリエイターとのコネクションが重要。
人脈は創ろうとしてもつくれない。
でも、それがないと立ち行かない。

そもそも、月のテーマに「親和」を掲げた1月。
東京での新しい仕事、あるいは新しいクライアントさんと知り合う取っ掛かりが出来たという意味ではそのテーマどおりに動いたのではないだろうか。

そして2月のテーマは「是正」。
古きをただし、新しいことを進めていく月にしたい。

成長曲線をさらに急角度に。

挑戦は続く。

posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

業務日誌〜2015.12月〜



12月の終わり。
つまりは1年の終わり。

今月は東京、博多と何かと走り回る月になった。
先月くらいから営業が本格化した採用動画営業については、とりあえず1件の受注が確定。
ほんとはあと2件くらい取りたいのだけど・・・
まぁ、このプロジェクトは来年以降もどんどん続いていくから、その立ち上げという意味では良かった。

CM案件とプロモーション案件も走り始めた。
まだまだ予算規模的には極小だけど(笑)これを積み重ねることが大きな案件へつながると信じている。

一方で、グラフィックもののディレクションについてはやっぱりまだまだだ。
もちろん、デザインへの理解、指示が素人同然だから仕方ない部分もある。
だからといって、それをほったらかしておいて良いとはならない。

デザインそのものの勉強は続けるとして、グラフィックものの案件が入ったときは制作進行と方針決定部分のクリエイティブ・ディレクションをしっかりとやりつつ、デザインについてはアートディレクターに入ってもらうことで精度を上げる。
そうした体制作りは大事だ。
得意な分野を活かしつつ、苦手分野は得意な人にふる。
テレビ時代、なんでも1人でこなしてきたやり方とは真逆だ。
でも、その方が効率的だし、自分の能力も発揮しやすい。

今月は自分の弱点を明確に出来た一ヶ月だった。
使えないおっさんデザイナーさんのおかげだと感謝している。(無理やり)

わからない、ということを知覚することは大事だ。
わからないことさえわかっていないと、対処の仕様がない。

得手不得手を把握して、案件に応じて適材適所に配置、調整する。
それでより良い仕事が出来ることが重要なのだ。

自分の場合は調整、管理、進行、企画開発、アイディア出し。
システム化や体型づくりも得意。
全体を俯瞰でみたり、危機回避や全体調整をするプロデューサー能力が高いと自己分析してる。
あとは動画関連。
これは明確にディレクション出来る。

未来にマネージメントを見据えつつ、自分自身をプロデュースしていこう。

さて、いよいよ2015年もあとわずか。

来年の豊富と今年の総括はまた今度。

来年も、いい年でありますように。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

業務日誌〜2015.11月〜



少しずつ、地元の仕事の引き継ぎが始まりつつある。
いよいよ次のステップに進む段階に入ったのだと思う。

まずは地元で発行しているグルメクーポン雑誌についての引き継ぎ。
続いて地元サッカーチームの案件。
この大物2つが手を離れると、いよいよ抱えているのは単発の案件ばかり。

あとは東京の案件。
これは急遽の営業も含めて4件にプレゼン。
1社はダメだったけど、まだ3案件が進行中。
そのうち1件は受注確定となった。
撮影は年明けだろうけど、かなりの大手取引先となるから、これは嬉しい結果だ。

少しずつではあるけれど、前に進んでいると実感した一ヶ月となった。
そういう意味では、11月のテーマとして掲げた「東京への基盤作り」は概ね達成されたと言っても良いのかも知れない。

加えて、CMの案件と映画プロモーションの案件はまだどうころぶかわからない部分はあるけど、実績としては間違いなくやっておきたいところ。
間違いなく今後の営業展開の振れ幅が大きく変わる。
これも基盤作りを考える上では重要な案件だ。
引き続き12月も真摯に取り組みたい。

そしていよいよ2015年の最終月の到来。

今年の締めはもちろん、来季に向けての準備も万端にしていきたいところ。

引き続き12月のテーマは「基盤づくり」。

11月との違いは「東京への基盤づくり」ではなく、「2016年の基盤づくり」ってところ。

まだまだやれること、やりたいことをどんどん実行していかなくちゃ。

時間はいくらあっても足りない。

まずは2015年、ラストスパート。

今一度気合い入れ直していこう!



posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

業務日誌〜2015.10月〜



怒涛の10月、完結。って感じ。
今振り返っても本当に中身の濃い1ヶ月だったのだと思う。
もちろん、その時その時は脇目もふらず駆け抜けているワケだけど。

10月に入って早々にオフィスが引っ越しをした。
業務拡大を見越しての駅前進出だった。
これは非常に嬉しいこと。
目下の目標は東京進出。
そのための基盤作りとして、博多と小倉のオフィスを充実させることが必要条件だ。
人材の確保と多角的な業務の拡大。
目下のテーマはこれだろう。

その流れもあって、今月は「営業」を一つのキーワードに設定していた。
簡単なところでは、Facebookを使っての「仕事内容の拡散」。
これは見た人が何かの拍子で「ああ、仕事を頼んでみよう」と思うという直接的なものより、第三者が「業者を探している」というような状況でお試し的にでも声をかけてもらえるかもという二次的な意識が強い。
そのためにはどんな仕事をしているか、なんとなくでも知っておいてもらったほうが良いだろうという判断だ。

さらに、春の終わりから取り組んでいた「映像制作事業」の拡大がついに本格化を迎えた。
ランディングページを立ち上げ、各企業にダイレクトメールで営業をかけるとともに、東京のパートナー会社さんがいろいろと売り込んでくれている。
東京進出の大きな基盤となるべき事業だけに、これは引き続き上手く育てていきたいところ。

一方で、地元のサッカーチーム関係の事業もなかなかの盛り上がりだった。
正直、あまりに急ぎの案件が多く、かなりバタバタしていた印象は否めない。
この業務はできるだけ早く次の担当者に引き継ぎたいところ。
さらなる拡大のためには、ジブンはたぶん同じ仕事をルーティンで繰り返すより、新しいジャンルを開拓していくほうが向いている。

出張が多かったのも10月の特徴の一つだった。
博多では福袋案件や映画のプロモーション案件が動き出した。
大阪には研修を兼ねて勉強会と懇親会に参加。
すぐというわけではないけれど、ここでもまた新しい事業を動かせるといいなと思う。
そして動画制作事業の営業が実っての東京出張が突如入ったりでホントよく走り回った1ヶ月だった。
11月はこの営業の成果をなんとか事業展開として形作っていきたいところ。

最近良く考えるのが、ジブンの仕事って何か?ってこと。

完結にWebディレクターとは言い切れない。
動画のディレクターはこれまでのスキルと経験があるけど、Webやグラフィックはどうしても弱いと自覚している。
でも、だったらその2つを動画並にディレクション出来るようになればすごくない?
ってのがジブンへの問いかけであり、今後の課題。

Web、グラフィック、動画、その3種のディレクションが同じレベルでこなせれば…きっとそれは他の人には無い強力な武器になるはず。
クリエイティブ・ディレクターであり、メディア・コンテンツプロデューサーでもある。
そんな人材になれたら、どんな世界でも通用するだろう。
そう思うとワクワクする。

まだまだ学びべきことは多い。
気を抜くと今に流されてしまう。
でも、それではダメだ。

常にジブンをバージョンアップさせられる人間であること。

そうだな、来月11月のテーマは「バージョンアップ」でいこう。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

業務日誌〜2015.9月〜




9月の動画案件の重なり具合はホントになかなかのものだった。

とは言え、動画制作事業の立ち上げと動画制作事業部の設立はこの会社に入って以来の一つの目標でもあったから、それが実現出来たという意味では非常に大きな一歩だと思う。

特に、今回作成した各種動画は、営業にも使って良いとのお墨付きをもらったもの。

この動画をきっかけに、さらに事業を拡大していければ良いな、


今や、動画はとても簡単に作れる時代になった。

iPhoneで撮影して手軽に編集、YouTubeやアプリを使えば誰もが作品を世界中に公開出来る。

だからと言って、動画のクオリティがそのままイコールで上がるというワケではない。

やはり動画は総合芸術であり、各ジャンルのプロフェッショナルが集まることでより高い次元の作品が作れるのだ。

そういう意味では、よりプロと素人の差は明確になってくるだろう。

もちろん、プロでなくてもそれなりのスキル、あるいはそれを超えたレベルのテクニックを持つ人もいる。

ただ、それは編集ソフトを使いこなせる、という次元の一番上だ。

ただ、人からスゴいと言われるものでしかないなら、それはあくまで作者の自己満足であり、「プロ」の仕事ではない。

そこに「演出」があって初めて「動画」は「作品」になり、クライアントに感謝されてこその「商品」なのだと思っている。



以前読んだ本に、0.2%増しの努力。という言葉があった。

それはある意味「こだわり」とも言えるべきものかもしれない。

ナレーションのタイミングをあと1秒早くしたり、テロップにつく効果音を選択したり。

聴き比べたり、見比べたりシないかぎりわからないくらいの微差。

それにどこまでこだわれるか、が、0.2%の努力なのだろう。

そして、日々0.2%の成長は、一年365日で2倍の成長率になるのだという。

1枚の紙は計算上ではたった44回折るだけで富士山に届くという。

日々の積み重ねの重要さをあらためて感じるところだ。


さてさて、9月の目標だった「来期への展開」についてはそれなりに種が撒けたと思う。

ここからはより具体的に前に進めていこう。

10月のテーマは「営業」。

FacebookとTwitterを利用して、新規案件の獲得、特に東京方面でのProjectを取って行きたいところ。

オフィスも引っ越すし、いよいよ第二ステージのスタートだ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

業務日誌〜2015.8月〜



お盆休みがあることで、かなり早く過ぎ去ってしまった印象の8月。
定期的な休みがあるのはもちろんありがたい。
テレビディレクター時代では考えられない生活だ。

8月は仕事のスピード感をテーマにしようと宣言していた。
実際はどうだっただろうか…
けっこう結論のでないままにだらだらと進めているプロジェクトがあるのではないかと思わなくもない。
もちろん、それはこちらの問題に限らず、クライアントありきのものではあるのだけど…

スピード感と一言に行ったけど、雑な仕事でいいわけでもなく、また自社としての利益確保も大事だ。
ただこなして次に行く、でなく、新しい仕事をさらに引き込み、そのときに余裕を持っていてこそのスピード感なのだ。
このあたりの精度はもっともっと意識していっても良いのかもしれない。

さて、9月はちょっと動画案件がかさなって怒涛の予感。
と、いうかこれを書いてる時点でもう9月中旬なのだから、予感ですまされていないのだけど…

9月はこれまで撒いてきた新しい案件の種が芽吹く直前の、もっとも重要な繁忙期となりそう。

忙殺されなくように、余裕をもって各プロジェクトに取り組んでいきたい。

9月のテーマは「来季への展開」。

新しい取り組み、すぐにはお金にならない取り組みを丁寧に進めていこう。

まもなく、新しいステージに到達出来る。

そう信じている。
posted by Andy★ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

業務日誌〜2015.7月〜



あっという間に…という言葉はもう使わないようにしようと思いつつ、アタマに浮かんでしまうのが怖い。
7月が終わった。

都心への業務発展計画がちょっとずつ進んでいる。
個人的には早く東京進出したいところなのだけど、その前に地元での足固めってことで。
正直、ビジネスのフィールドは東京の方が広い。
もちろん、地元でのコネクションも欲しいのだけど、まずは会社の基盤を揺るぎないものにする必要がある。
それでこそ、東京で自由に業務拡大に走り回れるのだろうから。

7月は担当していたグルメ本の入稿、販売が始まった。
そろそろこの業務は別のスタッフに引き継ぐ予定。
ここまでいい感じにシステム化はできたと思う。
ここまでおよそ1年。
次は別の都市って話もあるし、そこでもシステム化をうまくやれるようにアタマ使っていこう。

そして東京での撮影案件がようやく動き出した。
正直ちょっと遅い気もしている。
他社と歩調を合わせると、そういう部分にマイナスがあるんだろう。
かと言って、自社だけでやろうとしても、会社の判断が後手に回れば進まない。
なかなか難しいもんだ。

さしあたり、8月のテーマは「仕事のスピード感を意識する」ということにしたい。
〆切のゆっくりな業務を片っ端から終わらす、あるいは進めていく、そんなテコ入れが必要になると思う。
一刻も早く東京へ。
そして今の売上をまずは倍に。

ただ夢想するだけでなく、そのために必要な準備はしっかりやってきた。
あとはこのまま進めるだけだ。
もっと早く、もっと深く。

請負作業でおわってはだめだ。
ビジネスとして、確立させていかなくちゃ。
posted by Andy★ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

業務日誌〜2015.6月〜



これで6月も終了。

2015年の半分が終わったことになる。
もっとやれること、やりたいことも山のように有るはずなんだけど、なかなかそうもいかないのが現実。
それを打破するためにも手帳術やノート術、最後にはEvernote活用法までを読みあさった。
いまもそのあたりは意識にあるのだけど、一旦はスケジュール、タスク管理の自分なりの方法が見えてきた感じはある。

7月の方針としては、「ライティング技術の向上」を掲げたいところ。
上旬にはライティング講座もあるし、本もすでに何冊か借りている。
少しずつ自分をバージョンアップしていこう。

さて、6月の仕事に関して。

◆就活ポスター
なかなか良いデザインコンセプトを組み上げたと思ってる。
残念ながらクライアントの修正指示でどんどんダサくなっていったんだけど…笑
どうしてこうも「文字を大きく!」と口をそろえて言うのかが謎。
デザインなんてどうでも良いのかと悩んでしまう。
そんな人達すらも黙らせる珠玉のデザインコンセプトを提案しなくちゃな。

◆物件名称とコンセプト
これは今回初の案件。
けっこう気合入れてコンセプトを考え、二次受けクライアントには好評だったものの、結局一次受けクライアントの鶴の一声で元にもどされてしまう。
あの考えぬいた時間はムダだったのか?
いや、そんなことはない。
きっと自分の血肉になっているハズ。
ま、そうでも思わないとやってられないけど…笑

◆Web原稿
最近、キャッチコピーについてはこだわりを持ってライティングするように心がけてる。
このまま続けていこう。
もっとスキルを磨けるハズ。

◆市のPR動画
これはけっこう大きな案件だった。
およそ3ヶ月の集大成とも言うべきプレゼンで、全力は出しきれただろうか?
10分という時間感覚。
早口になりすぎたこと。
いろいろと反省点はあるけど、唯一。
「動画がオモシロイから拡散されます」と言い切れなかったのが唯一の後悔かもしれない。
まぁ、逆に言うと、それ以外に伝えたいことは伝えられたと自負している。
それでもいまいちやりきった感がないのは、「まだやれたはず」と思っているからだろう。
前日からの説明練習や、想定質問など、もっと詰めようと思えば詰められたはずだった。
この反省は絶対に次回に活かしたい。
悔しさは、成長に変えよう。

そんなワケで、まだまだスタート地点。
でも、いつまでもそう言ってはいられない。

次の展開と、企業そのものの業務拡大に向けて、もっともっと仕事の効率を上げ、売上を増やさなくちゃ。

さて、7月が始まる。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

業務日誌〜2015.5月〜



GWから始まり、あっという間に駆け抜けてきた印象の5月だった。
光陰矢の如し。
いや、早すぎる。

相変わらず細かい案件が途切れずに来ているのは本当にありがたい。
丁寧に、でも迅速にこなしていきたいところ。

下関のセンスあるデザイン会社と協働することになったのも会社としては嬉しい流れ。
センスあるデザイナーはなかなか探そうとして見つかるものではないからホント大事。

ベンチャージョインの案件もおおよそがまとまり、6月からは実制作に入るだろうし、
市のPR動画はいよいよ大詰め・・・なんだけど、これが圧倒的に上手く行ってない。
何がって、もうキャスティングでボロボロ。
予定していた芸人もタレントも軒並みNGとなり、着ぐるみを借りようにも想定以上のコストがかかることが判明。
このままではプレゼンの土俵にすら立てないことに・・・
ホント参った。
これはテレビ時代には無い苦労。
スケジュールNGはもちろん往々にしてあったけど、それにしてもこれほど軒並みはずれるとは・・・
もともとの縛りがきつすぎるってのもあるんだけど。
それにしても打つ手が無い。
さてさて、どうしたもんか・・・

まずはこの案件を乗り越えて、6月をより充実させていかないと。
新しい案件の話も飛び込んできたし、ますますこれからという案件だってある。

一つの案件で全体を停滞させるわけにはいかない!

よし、がんばろう。
根拠な無いけど、気合さえ入ればなんとかなる!はず・・・。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

業務日誌〜2015.4月〜



これで2015年も3分の1が終了。
気温も上がっていよいよ夏を間近に感じる季節。

今月はいつにもまして”濃い”仕事が多かった印象。
まず、化粧品会社の動画プロモーションが最後の最後でポシャったのは痛かったけど、
あのような企画提案が出来たことはいい経験だった。
ちょっと尖らせすぎた企画に傾倒する傾向もあるから、そこを意識して今後はアイディア出しをしていこう。
なんでも企画は尖りと腑に落ちる説得力が重要なんだ。

それを踏まえ、いま進めている市の動画プロモーション企画、
そして東京の会社とのベンチャージョインの企画と大きな案件が盛り沢山。
このあたりは上手くまとめていきたいところ。

1年を経過したグルメ雑誌の企画も新しい展開を見せている。
自社での版権買い取りによる販売を検討中。
これは正直長く続くものではないところ。
上手く利益を買い取れるようならいいのだけど。

これから先、会社を大きくしていくイメージをもつなら、
案件管理を含めたプロデューサー業務というところがわかりやすいポジションが重要になってくると思う。

日々の小さな案件はもちろん、いま抱える大きなprojectを一つ一つ丁寧に仕上げていこう。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Business diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。