2015年02月10日

Road to KTQ Marathon 009 完走の果てに



2015年2月8日(日)

ついにこの日が来てしまった。
そう、フルマラソン参加の日だ。

とりあえず1月のうちに最長22キロまでは走破いていたものの、目標としていた30キロには挑めず、
ヒザの痛みという不安も抱えつつの参加となった。

当日は朝から小雨がぱらつき、早々にテンションダウン。
なぜマラソンなんかに参加してしまったんだろう・・・
頭の片隅によぎる不安を無理やり押し殺し、スタートを待つ。

9時になり、いよいよスタートの合図。
が、このスタートエリアはまだまだ動かない。
しばらく待っていると少しずつ前に誘導される。

スタートラインをくぐったのは9時10分。
ついに、長い長い旅の始まりだ。

朝ぱらついていた雨はスタート時にはほとんど上がり、風も少なく、コンディションとしては上々のスタート。

周囲にはコスプレランナーたちがワンサカいた。
中でも、今年の注目はアナ雪と「ダメよ〜ダメ・ダメ」のあけみちゃんのようで、テレビが取材してた。

個人的にはピエロの仮面にフードかぶって旗持ったドラゲナイが最高だったんだけど、あまり注目されてなかったようだ。
残念。

中にはドラえもんやらアンパンマやらの着ぐるみみたいな人がいたり。
あれで42キロも行くの?
途中で脱ぐの?
という、どうでもいい疑問を振り払いつつ、人波に流されるように走る。

序盤のペースはキロ7分ちょっと。
人が多いので思うように前には行けない。
でも、結果それが良かったんだと思う。

前半は知らない街を走るので意外と飽きはこない。

途中でバナナを補給しつつ、15キロを通過。
ヒザの調子も悪くない。
光が差し始めた空が心地よさを後押ししてくれる。

このときはまだ余裕があった。

やがて20キロを過ぎ、見慣れた街の方へ戻ってくる。
途中でもらった塩アメがかなりいい感じに体にしみた。
地元テレビ局から参加しているアナウンサーさんやタレントさんをゆっくり追い越し、ペースはいよいよ6分30秒代へ。
ヒザはじわじわと痛み始めているけど、まだ苦痛にはなっていない。

途中の給食で栗まんじゅうを食べて喉がつまりかけた以外は順調。
つか、なんでマラソンで栗まんじゅうなんか出してるんだろう?

30キロに近づき、いよいよ道は海沿いへ。
ここから強風との戦いになる。
なんでもニュースではこの日の風速は10メートルを超えていたとか。
アホか。

次第に余裕がなくなる。
体力的には大丈夫なんだけど、いかんせんヒザが痛い。

焼きうどんをほうばり、トイレ休憩をはさんでの折り返し地点。
もうね、横殴りの風。
なんなの?
試練なの?
TMレボリューションなの?

と愚痴っても始まらないのでひたすらに走る。

このあたりからヒザの痛みがかなりのものに。
踏ん張ると辛い。
それでもゴールまであと10キロを切ったあたりで完走出来そうな予感はしてきた。
もう少しだ。

35キロを超え、給水ポイントの前後に徒歩を交えつつ、最後の気力を振り絞る。
計算では、このまま頑張れば5時間を切ってゴールできるかもしれない。
そんな甘い夢を見つつ、歯をくいしばって前へ。

37キロ地点での給食で、噂の小倉牛が登場!
到着が遅すぎるとありつけないという話だったのでこれは結構嬉しい。
手渡された肉をほうばると、それはほとんど脂身だった。
オエ。

しかも、その直後に何故かチョコロールパンを食べてしまい、口の中の僅かばかりに感じたはずの小倉牛の味がチョコレートに瞬殺される。
何やってるんだ、オレ!

さらに、パンがパサパサでまた悶絶。
頭のなかでなぜか銭形警部の声がリフレインする。

「ちくしょう。また逃したか!」
「あの方は何も盗んじゃいないわ?」
「いいえ、あいつは大事なものを盗んでいきました。口の中の水分をね」

脳内はもう末期。
進まない足を前に無理やり押し出しつつ、40キロを超える。

42キロの地点では、ゲストの有森裕子さんが絶叫しながら応援してくれてた。
テンションは松岡修造。
でもちょっと心に響く。
有森さんとハイタッチをしてラストスパートへ。

42キロを超えて思ったことはひとつだけ。

そのあとの195mっている!?
42キロジャストで良くね?

そうこうしているうちにゴールが見える。
これはさすがに感慨深い。

ゆっくりと、だけど確実に歩を進めてついにゴール。
時刻は14時2分を示していた。
10分のビハインドがあるから、きっと5時間は切れたはず!

そう思いつつ、震える足をそっと抑えた。

時にマラソンは人生に例えられるけど、確かにそれは一理あると思った。
苦しみの中にも喜びがある。
突風の吹きすさむ辛い状況に置かれたかと思うと、日が差し心温まる瞬間もある。
沿道の声援が力になり、給水・給食のボランティアの皆さんに支てもらうことでゴールまでに道のりを進むことができる。

何より、最後まで一緒に走ってくれたパートナーに感謝だ。

一人で走っていたら、もっと歩いていただろう。
一人で走っていたら、5時間は切れなかっただろう。
一人で走っていたら、もしかしたらペースを乱し、足を痛め、リタイアしていたかもしれない。
一人で走っていたら、この達成感は半分以下だったはずなのだ。

同じ歩調で、同じ思いで、同じゴールを目指して走ることが出来た。
それが何よりの力となったことは間違いない。

またマラソンに挑戦したいかと言われたら、1年くらい考えたいけど、
この喜びをまた味わいたいかと言われたら、それはもちろん、と即答するだろう。

記録、4時間52分39秒。
記憶、かけがえのないものに。

ボクらはまだ、人生という名の長い長いマラソンに挑み続けている途中なんだ。

マラソン完走。

すべての人に感謝して。



posted by Andy★ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

Road to KTQ Marathon 008 もうすでに膝は限界です。



1月18日(日)12キロラン。

この日は膝の痛みと戦いながらの12キロラン。
もう、半月板の内側が痛くて痛くて・・・

15キロまではまだ我慢ができる範囲だけど、20キロ超えるとかなりきつことが判明。
これはどう考えても42キロもたないのでは・・・

マジでどうしよう。

練習不足?
筋トレ不足?

とにかく、本番まであと3週間を切ったこの状況ではとても画期的な解決策は見つけられそうにもない。

あとは神に祈るのみか・・・


posted by Andy★ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

Road to KTQ Marathon 007 20キロに挑戦!



1月17日(土)20キロラン

ついに自己最長となる20キロを走り切る。

しかしやばい。
膝がいたい。

これはやばい。

正直、この状態であと20キロも走れるとは思えない・・・

膝の痛みって、ゆっくり走れば大丈夫なんかな?

本番に向けて超不安・・・
posted by Andy★ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

Road to KTQ Marathon 006 一ヶ月ぶりのラン!



12月28日(日)15キロラン。

12月に入ってからというもの、あまりの寒さや雨、あげくの果てに雪などが重なってずっと走ってなかったけど、ここにきてようやくのラン。

一応10キロを目標にスタートし、最終的には15キロを走破。
体調も天候もいい感じで良かった。

さてさて、年内は走れてもあと1回。

今月中の20キロ走破目標は達成できるだろうか・・・

がんばろう。
posted by Andy★ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

Road to KTQ Marathon 005 15キロを達成!



11月24日(月)15キロラン

二日連続でのロングスローディスタンス。
この日はついに今月の最大走行目標距離である15キロを達成。
ペースは一キロ7分。
ちなみに、このペースで42.195キロを走り切ることが出来ると仮定すると、4時間55分。
ギリギリで5時間を切ることが出来る。
もちろん、このままのペースで・・・なんて不可能なんだけど。

北九州マラソンは制限時間が6時間。
キロ8分30秒ペースで滑り込みセーフ。
最初からとばしても足がもたず、かといって8分代だと後半落ちると足切りのピンチ。
そう考えると7分〜7分30秒ペースで35キロくらいまではいきたいところ。
皮算用かなぁ・・・

なにはともあれ、今月の目標は達成!
12月は20キロ走破を目指します☆彡

現在の総合走行距離:49キロ
posted by Andy★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

Road to KTQ Marathon 004 ロングスローディスタンス



11月23日(日)13キロラン。

ロングスローディスタンス。
なんかつい言いたくなる単語だ。
意味?
よくわからない。
ただ、マラソンを志すものなら一度は言いたい。
そう、ロングスローディスタンス、と。

あ、ちなみに、意味は簡単に言うと、長い距離をゆっくり走るってことす・・・

フルマラソンを走るためには、徐々に走れる距離を伸ばしていくしかない。
そんなあたりまえだけど、なかなか出来ない長距離走を毎週末に取り入れていくことに。

この日は10キロを目指してスタート。
近所まで戻ったところで調子が悪くないと距離を追加。
結果13キロを達成。
同時に自己最高時間走破を成し遂げた。

このくらいまでならまだいける。
ただ、本番はここからさらに30キロほど走る訳だから・・・想像すると吐き気がして来る(笑)

コツコツ頑張るしかないですね。

現在の総合走行距離:34キロ。
posted by Andy★ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

Road to KTQ Marathon 003 走るだけ、が苦手です。



11月15日(土) 8キロラン。

ちょっとずつ距離を伸ばしてはみるものの、なかなかスイッチは入らない。
ぶっちゃけ、「ただ走るだけ」ってのは苦手なのだ。

バスケをやっていたせいもあると思うけど、やっぱり球技は面白いと思うし、その中でならどんどん走り回れる。
100歩譲って、そのバスケでどんどん走り回るためだったら、走り込みもしようとは思う。

ただ、「走ること」そのものを楽しむことはホント苦手だ。

絶対走っているうちに「なんでオレこんなに走ってんだろう・・・」って思いが頭をよぎる。
「バスケのため・・・」と思えば走れるのに、「走るため・・・」とは思えない。
そこがなかなかランニングを趣味として無理なく続けることの出来ない理由だと思う。

趣味ってもともと、好きだから続くものだし。

ランニングを趣味にしている人たちって、どんな部分が好きでずっと続けているんだろ・・・

そんな思いを胸に今日もラン。

うーん、マラソン大会までの道のりは長い。
どこかでランを好きになれる日が来る事を祈るのみ・・・

現在の総合走行距離:21キロ
posted by Andy★ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

Road to KTQ Marathon 002 少しずつ少しずつ・・・



11月9日(日)7キロラン。

本当は土曜に走るつもりが、ずっと雨。
日曜も午後になり、ようやく雨がやんだように見えたので、間隙を縫ってのランを決行。
折り返し地点で雨降ってきやがった・・・

1週間に最低1回は走るってのが目下のテーマ。
しかもどんどん距離をのばして行かなくちゃだからなぁ。

まずは今月中に15キロ。

年内で20キロ。

1月に30キロ。

・・・大丈夫かなぁ。

現在の合計走行距離:13キロ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

Road to KTQ Marathon 001 遅ればせながらの始動。



2014年10月。
とある悲報が舞い込んできた。

マラソン大会当選のお知らせ。

そう、何の気なしに応募したマラソンに当選してしまったのだ。
倍率はおよそ2倍。
まぁ、二人に一人は当たるのだから、それほど驚くベキコトではない。

一番驚くべきは、その状況になってもまったくやる気の起きない自分のモチベーションだ。

いやいやいや、40キロなんて無理でしょ・・・

それ以外の感想が浮かばない。

走れる気がしない。

そんなこんなでウダウダと10月を過ごしてきたが、さすがにそろそろそうも言ってられなくなった。

やっぱやるからには完走したいじゃないか。

かくして、走るのはすごく嫌だけど、なんとか完走したいという究極の矛盾に満ちたプロジェクトがスタートすることになる・・・

まぁ、覚悟を決めたら、まずやることは決まっている。

そう、ランニング用のシューズの購入。

つまり、形から入るのだ。

うん、いつものコトだ。

サーフィンもスノボもゴルフも、久しぶりにやることになったバスケだって、全て形から入ってきた。

いいのだ、そういう人生を歩んできたのだから。

と、言うことで、冒頭のシューズ、adidas boost を購入。

優先したのはクッション性。

やはり走りなれていないランナーにとって、42.195キロという未知の道にはギアのアシストが欠かせないらしい。
クッション性が高くして、いかにヒザや足首に負担をかけないか、が完走のための大事な条件らしい。

その他、ウエァやらキャップやら、欲しいものはたくさんあるけど、いったんそれは我慢。

iPhoneを装着するケースだけを追加購入した。



何はともあれ、これで最低限の準備は万端。

あとは当日走るだけ・・・というワケにはいかない。

やはり完走に向けて日々研鑽を積まないと・・・ってことこで、まずは試し走り。

11月3日。
近所を軽く6キロ。ペースはキロ6分30秒。

シューズもいい感じだし、これで頑張らない理由はなくなってしまったなぁ、と思いつつも、ついにマラソン計画始動。

まずは11月のうちに15キロの走破を目標に頑張ります。


現在の走行距離:6キロ。
posted by Andy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Run for YouthfulLife | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。